40代のオッサンのブログ

【おっさんずラブ】2016 男たちのハルちゃんへの純愛物語!あらすじ

2019/09/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ハルちゃん・・・・・・

夫が寝言でこの言葉を口にしていたら、妻は浮気を疑うだろう。

夫(部長)は恋をしていた。

だが、その相手は女性ではなく、同じ会社の部下の男性への純愛だった。

この夫(部長)ことオッサンが恋をしてしまう所から【おっさんずラブ】2016の連ドラの物語はスタートする。

そしてこの人気ドラマの続編が、2019.8.23に映画化される事が決定した。

 

部長は仕事が出来て部下からも尊敬される存在だ。

綺麗な妻もいて立派なマンションにも住んでいる。

いってみれば、何不自由ない生活に見える。

だが、そんな部長も春田の前では、乙女になってしまう。

 

また、春田は部長だけでなく、同僚の男性(マキ)からも告白される。

【おっさんずラブ】はハルちゃん(春田)への、男たちの純愛物語なのだ。

 

同性から想いを伝えられ、少しの抵抗もない人は少ないだろう。

だが、部長とマキの一途な想いには、性別を超えた深みがある。

 

ここでは、

  • キャスト
  • ストーリー

の2点にまとめてみた。

スポンサーリンク

おっさんズラブ・キャスト

春田(田中圭)

不動産会社に勤める、ごく普通な社員。

性格は温厚で、とにかくお人よしである。

ユーモアに溢れ、年齢、性別に関わらず愛される。

困った事が起きると、頭が混乱してしまい、フリーズしてしまう時もある。

押しに弱く、「ノー」と言うのが苦手なタイプ。

部長(吉田鋼太郎)

不動産会社の部長。

春田の上司である。

貫禄があり、頭の回転も速い。

仕事上では、非の打ちどころがない。

だが、春田の前だけでは、乙女になってしまう。

牧(林遣都)

春田の同僚。

頭が良く、ルックスもいい。

その上、家事全般を完璧にこなす。

特に、料理に関しては春田をイチイチ感動させてしまう程の腕前。

春田が母親が家から出て行ったことをキッカケに、ワークシェアする事になる。

ちず(内田理央)

春田の幼なじみの女性。

夜は、兄と一緒に居酒屋で働いている。

何でも家事をしてくれる執事の様な男性を探している。

誰とでも話すことが出来る明るいキャラクターである。

蝶子(部長の妻) (大塚寧々)

部長と結婚し、30年来、共に過ごしてきた。

明るく、優しい性格で良い妻である。

部長を支え続けてきたのだが・・・・

阿部寛主演 連続ドラマ【結婚できない男】は魅力的な男なのか?

スポンサーリンク

おっさんズラブ・ストーリー

不動産会社に勤める若手社員、春田。

実家で母と二人暮らしをしている。

営業部に所属していたが、成績は伸び悩んでいた。

春田は、毎日の様に幼なじみの「ちず」の兄が経営する、居酒屋で酒を飲んでいた。

だが酒に弱くいつも、玄関で着替えもせず寝てしまうのだった。

そんなある日、息子のだらしない生活に嫌気がさした母は、家を出て行ってしまう。

その結果、戸建ての家に一人で生活する事になった。

 

ある日の通勤中、バスの中で春田は女性に、痴漢と間違えられる。
だが、偶然居合わせた部長に、証言してもらい事なきをえる。

春田はオフィスで、部長のパソコンを偶然開いてしまう。

そこには何と沢山の【春田の写真】が保存してあった。

意味が理解できず、春田は激しく動揺する。

 

若手社員、牧が本社から春田の勤める支店に異動になった。

牧の指導係には、春田が指名された。

春田は牧が「引っ越し先が決まっていない」と聞き、一緒に住まないか?と誘ってみた。

たしかに、広い一戸建てに一人で住むのは、春田も嫌だったのだろう。

牧も快く受け入れ、春田と牧は一緒に住む事になった。

 

そこから、春田の生活は快適になった。

なぜなら、牧が家事を完璧にこなしたからだ。

特に料理の腕は抜群で、その美味しさに春田はイチイチ感動していた。

【ストロベリーナイト】竹内結子主演 最終話 ソウルケイジ 秘められた愛

パスタ

そんなある日、春田は部長に公園に呼び出される。

そして、「好きでーーす。付き合ってください」と熱い告白を受けるのだ。

春田は、何が起きたのか分からず、言葉が出なくなった。

その間に部長は「妻とは別れるから待っててくれ」と続けて見せたのだ。

正直な所、付き合うのをOKしていないのに、「妻と別れる」というのは力技だ。

さらに同性からの告白だから、春田が動揺するのも無理はない。

 

春田は、ちずに部長の事を相談する。

すると以外にも「部長を応援する」と言うのだ。

春田はますます訳が分からなくなる。

 

仕事で資材を確認する為、営業部の社員は現場に向かっていた。

その場所には部長も来ていた。

貫禄ある姿で歩く部長。

その時、頭上の鉄柵が落下しようとしていた。

それを見た春田は猛然とダッシュし、部長を救出した。

だが、その代償に春田が鉄柵の下敷きになった。

春田は病院に担ぎ込まれる。

 

部長は、ものすごい形相で病院へと向かった。

そして、春田は・・・・無傷だった。

部長は泣き出してしまう。

そして、病室に二人きりになると、乙女モードになり春田に抱きついてしまう。

春田も、感傷的になり、それを受け入れてしまう。

 

ある日残業していた牧は何気なく、春田の業務日報を見てしまう。

そこには、部長のコメントが細かく書かれていた。

牧は部長の春田への想いに気が付いてしまう。

 

一方、部長は突然妻に離婚を切り出していた。

30年以上夫婦として連れ添った、夫からの離婚話に妻(蝶子)は激しく動揺するのだった。

 

春田は牧と快適な同棲生活を続けていた。

ある時、春田がシャワーを浴びていると、タオルがない事に気が付く。

牧にタオルをお願いする春田。

すると、牧は浴室に入り、春田に突然キスをする。

そして春田は「巨乳好きなのを知っているが、巨根ではだめか?」と告白される。

またも春田は混乱してしまう。

シャワー

【深田恭子】深キョンは一体何歳なのか?女性にも人気の理由とは?

短い期間に二人から告白されモテモテの春田。

だが、男性からの告白と言う事で、喜ぶことが出来ないでいた。

 

牧は、キスをしてから、春田と社内で顔を合わせづらくなる。

悩んだ末に、春田に「好きだといったのは嘘だ」と伝える。

安心する春田。

2人の関係は元通り、良好になる。

 

昼休みに屋上に呼び出される春田。

部長が待っていた。

何と、春田の為に手作り弁当を作ってきたのだ。

本当に乙女な部長!

春田は、弁当を食べながら(ボディタッチを受けながら)、部長に仕事の相談をする。

その時、牧が駆けつける。
そして、部長に向かって「公私混同をやめろ」と言った。

2人は激しいつかみ合いとなる。

騒ぎを収める為、春田は「俺の為にケンカをするのはやめろ」と叫ぶ。

ちなみに「私の為にケンカはやめて」はよく耳にするが、「俺の為に・・・」はあまりないケースだ。

 

家に帰りづらい春田は、ちずの居酒屋を訪れる。

すると牧がカウンターで、一人お酒を飲んでいた。
そこで、牧は改めて春田に想いを告げる。

だが、春田は牧の想いから逃げてしまう。

怒った、ちずは思いやりがないと、春田の事を殴りつける。

 

牧は家を出て行ってしまう。
春田は必死に探し回る。

牧は、一人でベンチに座っていた。

春田は「家に戻ってきてほしい」と牧に告げる。

だが、春田は、もう普通には戻れないと断る。

 

その頃、蝶子は、「ハルカ」という女性が浮気相手だという手がかりを得ていた。

そして、「ハルカ」が同僚である可能性が高いとにらみ、会社を訪れる。

蝶子が部長の妻だと知らない春田が、担当になる。

蝶子は1LDKの物件を探していた。

物件を春田と一緒に内見に回る事になる。

その移動の最中に、道に迷っている老人と出会う。

 

春田は、丁寧に道を教えるが、老人には上手く伝わらない。

そこでなんと春田は老人を、目的の場所まで、連れて行ってあげるのだ!

それを見ていた蝶子は春田が【根っからのお人よし】である事に気が付く。

 

妻の物件探しは続き、何度か会社を訪れる。

そんなある日、春田は蝶子にある事を頼まれる。

それは、「ハルカという名前の女性が本社にいないか」という内容だった。

春田は目的が何なのか全く理解できなかった。

 

会社に戻ると、同僚から蝶子が部長の妻であることを知らされる。
それと同時に、妻が話していた「ハルカ」が自分の事だと悟ってしまうのだ。

 

会社の飲み会が、ちずの店で開かれる事になった。

飲み会は和気あいあいとした時間だった。

ふと店内を見渡すと牧の姿がない事に気が付いた春田。

店の外に探しに行く。

すると、牧は上司に激しく怒られていた。

翌日、春田はその理由を聞くが、牧田は何も答えないのであった。

 

後日、蝶子から呼び出される春田。
「ハルカ」を探して欲しいという。(ここにいるのですが・・)
春田は仕方なく引き受ける。

 

春田の携帯に部長から食事(デート)のお誘いメールが入る。

そして、蝶子からも尾行を依頼される。

それは、部長から食事に誘われていた日だった。

妻は、部長の手帳から、デートの予定を見つけていたのだ。

絶体絶命の春田。

なぜなら、尾行してお店に入ってしまうと、部長に気が付かれてしまうからである。

だが、断り切れない春田は妻と部長の尾行を続ける。

【水曜どうでしょう】の面白さ!大泉洋とミスター鈴井の笑いとは?

レストラン

そして、部長の後を追い、店内に入る事になる。

部長が一人で座り「ハルカ」を待っている姿を、遠くから見つめる春田と蝶子。

ある意味、いや絶対にこの状況では、「ハルカ」は現れない。

そして、妻がトイレにいっている隙に、部長にキャンセルのメールを送ろうとする春田。

だが、部長に見つかってしまい、同じテーブルに着く事になる。

 

トイレから戻る妻。

部長と春田が同じテーブルで話をしている事に気が付く。

だが、妻は全く違和感を持たない。

なぜなら、妻から見ると、ただの上司と部下だからだ。

まさか春田が「ハルカ」だとは夢にも思っていないのだ。

今度は部長が、トイレで席を外す。

春田は、部長に「急用が出来た」というメールを送り店を後にするのだった。

 

後日、またも妻に呼び出される春田。
蝶子が部長の日記を見てしまったのだ。
その内容に、浮気をしている事を確信する。(本当はただの片思いなのだが)

泣いてしまう蝶子。

 

蝶子は置き手紙を残し家を出て行ってしまう。
帰宅した部長は、その手紙を読み、蝶子を探しに行く。

蝶子を見つける部長。

部長は、「好きな人が出来た」と告げる。

そして、その人が「男性」であることも。
絶叫する妻。

さらに、「ハルカ」が「春田」である事も白状する。

 

春田は、別の上司からも、怪しいボディタッチをされる様になっていた。

嫌な予感がしていた。

たまらず、ちずに相談する。

ちずは、「モテ期だよ」とフォローにならない言葉をかける。

 

ある日、ちずの兄の経営する居酒屋が、立ち退きに会う事になった。

契約上ではビルが建ち、その一階に新しく店を構える予定だと言う。

居酒屋の閉店パーティーには会社の社員が招待された。
春田はちずに、「彼女のふり」をしてもらうよう頼み込む。
ちずは、しぶしぶ彼女を演じてみせた。

だが、あまりにわざとらしく周りのみんなにはバレバレだった。

 

居酒屋で箸を落としてしまう春田。

テーブルの下に落ちた箸を取ろうとした時、衝撃的な光景を目にする。

上司が、牧の手を握りしめていたのだ。

上司のターゲットが自分ではない事に、すこしほっとする春田。

 

後日、ちずから連絡が入る。

立ち退きの契約がデタラメで、ビルが建設される予定などないというのだ。

つまり、騙されてしまったのである。

契約書には、ビルの建設の項目などは記載されておらず、口約束のみだった。

なすすべがなく居酒屋は契約先の手に渡ってしまう。

住む場所をなくした、ちず。

牧はちずを、勝手に春田の家に呼び寄せる。(春田の家なのだが・・・)

ちずは、春田の家で生活する事になった。

これがキッカケで、ちずの春田に対する想いが変化する事になる。

ビル

一方、春田は部長と会う約束をしていた。

部長との関係をハッキリさせるためだ。

「付き合うことが出来ない事」を伝えようとしたとき、部長が激しく取り乱した。

そして、部長は泣き崩れてしまった。

だが、しばらくすると元の部長に戻り、その場を去っていった。
その様子を遠くから見ていた蝶子も、何故か泣いていた。

 

後日、春田と牧はちずの居酒屋と契約した会社に向かった。

相手の担当者は、契約書を出し問題ないという。

だが、牧はあるものを担当者の前に出す。

それはボイスレコーダーだった。

ちずの兄が契約を交わす時に、偶然録音していたのだ。

この証拠により、契約を破棄する事に成功する。

 

ちずにこの事を連絡する春田。

ちずは、大喜びし、ケーキを買って、春田の家に帰る。

すると牧が突然、家を出て上司の所に行くという。

上司は牧の元カレだったのだ。

春田は出て行こうとする牧を必死に食い止め、勢いで抱きしめてしまう。

そこに、タイミング悪く帰宅した「ちず」。

思わず家を飛び出してしまう。

 

牧は、改めて春田に交際を申し込む。

春田は、勢いに負けオッケーしてしまう。

 

蝶子は再び会社を訪れ、春田から担当を変えてほしいといってきた。

春田が部長を振ったのだから、家を探す必要がないのでは?

ただ妻は、部長の気持ちが自分に戻らない事を悟ったのだ。

 

後日、上司から呼び出される春田。
マキと付き合ってるかを確認される。
春田は、隠さずに「付き合っている」と答える。

上司は、牧が会社に応募し、面接したのがキッカケで付き合った事を伝える。
上司は、「牧が必要なんだ」といい春田に頭を下げて、手を引いてくれるようにお願いする。

 

一方の部長は、蝶子から離婚届を手渡されていた。
妻から「あきらめないんでしょ」と言われる。
素直にうなずく部長。

ちょっと可愛い。

 

ふとした事がキッカケで、ちずと2人きりになる春田。

ちずは自分の春田への想いに気が付いていた。

そして、春田に告白しようとした瞬間、「牧と付き合っている」と言われてしまう。

結局、ちずは想いを伝える事が出来なかった。

ハート

 

春田は、牧といつも一緒に出勤していた。

だが、周りの目を気にして、牧に「出勤時間をずらそうか?」と提案していた。

そんな春田に、牧は「僕は春田さんにとって恥ずかしい存在なんですか?」と言い放つ。

一大決心した春田は、オフィスで牧との関係をみんなに報告する。

そこに駆けつける部長。
部長はなぜか二人を祝福する。

牧はその後、「付き合っている事は嘘です」と皆に伝える。

 

部長は、男である事が原因で振られたのではないと、嬉しく思っていたのだ。

牧には負けたくないと乙女心に、火がついてしまったのだ。

 

そんなある日、牧が親に春田を紹介したいと言う。

戸惑いながら牧の実家に行く春田。

だが、予想通り父親の逆鱗に触れてしまう。

父以外の家族は、牧が同性を好きだと言う事を知っていた。

その為、春田の事もすんなりと受け入れてくれた。

父親には最後まで、理解されないままだった。

 

ある日、ちずから呼び出される春田。

牧は二人の事が気になってしまう。

そして、ちずは春田にやっと告白する。

春田はちずの事を「幼なじみ」だと思っていたため、混乱してしまう。

だが、ちずのせつない姿を見て、思わず抱きしめてしまう。

そんな二人の姿を牧は偶然、目にしてしまう。

 

牧は春田に突然、別れを切り出す。

「春田といても苦しい事が多い」という。

春田は必死に引き止める。

だが、牧は「好きじゃなくなった」と言い残し、家を出て行ってしまう。

 

そして、一年後、春田はなぜか部長と同棲していた。

成り行きは、春田が牧がいなくなってから堕落した生活を送っていた事に始まる。

心配した部長が、定期的に春田の家を訪れ、世話をしたのだ。

その間隔が徐々に短くなり、ついには同性状態となったのだ。

春田は部長と同棲してから、仕事が絶好調になっていた。

 

そんな春田の仕事ぶりが、本社の目にとまり、新規プロジェクトのメンバーに抜粋された。

プロジェクトの拠点は上海だった。

そして春田は部長からプロポーズされる。

春田はその想いを受け止める。

 

牧は、春田への想いを断ち切れずにいた。
ちずも同じだ。

 

そんなある日、牧は春田に気持ちを伝える為に会う約束をする。

だが、春田と行き違いになってしまい、会うことが出来ない。

 

そして、教会で春田と部長は、式を挙げる。
だが、神父さんに誓いのキスと言われたときに、牧の事が頭に浮かびキスをする事が出来ない。
部長は、春田がマキに気持ちがあると見抜いていた。
すぐに、「牧のもとへ行け」と伝える。

部長に何度も頭を下げ、牧をさがす春田。

 

やっとの想いで牧を見つける。

そこで、「牧の事が好きだ」と伝え同時に「結婚してほしい」と言った。

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.