40代のおやじのブログ

【少年野球】入団してから1年間で実際にかかった費用のまとめ

2019/05/12
 
少年野球
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

これから、子供を少年野球に入団させる親もいると思う。

そこで、「どれ位お金がかかるのか?」というのも気になる点だろう。

かかってくる費用には、月謝だけでなく、道具代、ユニフォーム代など色々ある。

入団した年にかかる費用は、30万円前後だ。

もちろん、入団するチームにより前後する。

 

ここでは、入団して最初の一年間に実際に1年にかかった費用をまとめてみた。

スポンサーリンク

最初に揃える道具

まずは、野球と言えばバットとグローブ、スパイクなどが必要である。

バットは、2~3万円を予定してほしい。

 

だが、個人的には学年が上がるにつれ、力もついてくるので最初は、もらい物でも十分だろう。

気を付けてほしいのは、バットは種類によりかなり性能が違う為、購入する場合は、どの様なバットがいいかチームの監督などに聞いてからがいい。

グローブは1万円程度で、購入できる。

 

僕の次男は小学校3年生から少年野球を始めたが、小学校5年生の時にグローブを買い替えた。

小学生は成長が速いので、グローブは2個買う事になるだろう。

購入する時のポイントは、しっかりと手のサイズに合うものを買うべきである。

 

バットと比べると性能の違いはそれほどないと言えるので、種類は特に気にしなくても大丈夫だと思う。

次にスパイクだが、これは少なくても3足は必要にだろう。

スパイクは5,000円から1万円の範囲のもので十分だ。

 

選ぶときのポイントは、店員にしっかりと左右しっかりと履いてから店員に相談して買う事だ。

なぜなら謝ったサイズを購入してしまうと、足を痛める原因にもなってしまう。

 

他にはバッティンググローブ、アンダーシャツ、ストッキング、などを購入する必要がある。

バッティンググローブは2,000程度、アンダーシャツ、ストッキングは1,000円程度だ。

 

バッティンググローブは、大事に使えば2~3回購入の購入で済むと思う。

だが、アンダーシャツ、ストッキングは、最低でも3~4枚は用意しておかなければならない。

 

また、子供の成長につれサイズも変わってくるので、仮に3年間だとしたら、20枚程度は購入する事になるだろう。

少年野球】入団時に必要な5つの道具の選び方・・・・・・・

スポンサーリンク

少年野球の月謝

月々の月謝は5,000円から8,000円の間が一般的だと思う。

僕の次男が所属するチームは5,000円だった。

また、ユニフォームレンタル代として月々2,000円程度かかるチームもあるだろう。

少年野球 ピッチャーになる為に必要な3つの事

試合の際にかかる費用

少年野球は試合数がとても多い。

年間100試合以上するチームも多いだろう。

その為、土日祭日の、朝から夕方まで時間を割くことになる。

だから、お弁当、飲み物、おやつは、毎週必要になる。

 

飲み物に関しては、水筒を持参する事になるが、それだけでは間に合わない。

だから、スポーツ飲料水などをもっていく事になる。

おやつに関しては、主に移動中の車で食べる事になる。

 

これらを合わせると、1日当たり500円程度かかる事になる。

 

また、試合会場に行くまでの交通手段だが、その日協力できる父母が車で送迎するチームが多いと思う。

その場合、1日あたり500円位かかるだろう。

【少年野球】子供に人気のあるお弁当はこれだ!!

遠征費、合宿代

強豪チームに入団する場合は、遠征費も発生する可能性が高い。

これは、どの程度勝ち進むかによって変化していくが、県大会まで進んだ場合は、少なくても2~3万円の費用はかかってくる。

 

もしも全国大会まで進んだら、20万円近くの費用は発生するだろう。

実際に僕の次男は、所属チームの全国大会や、選抜選手としての全国大会に出場したが、20万以上の費用はかかったものだ。

 

また、1年に1~2回合宿をしするチームも多いと思う。

その場合、1回あたら2万円程度の費用が発生するだろう。

細かい部分を挙げれば、まだまだある。

 

今回ここに挙げたものも金額をまとめてみた。

 

仮に入団最初の年で、道具を買い揃えチームが地区大会に進んだとすると

  • 道具代         → 5万円
  • 月謝          → 9万円
  • 試合練習にかかる費用  → 9万円
  • 合宿代、大会費用    → 5万円

              計 28万円

という計算になる。

 

もちろん、チームによって上下してくるが、上記の場合だと、月に換算して2万5千円程度となる。

 

最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

この記事を読まれた方は、こちらも多く読まれております。

少年野球、良い掛け声、悪い掛け声

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.