40代のおやじのブログ

2020年東京オリンピック 金メダルを期待できる競技のまとめ!!

2019/09/16
 
2020年東京オリンピック、金メダル
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

2020年東京オリンピック。

やはり注目すべきは、日本人が金メダルを獲得できる競技になるだろう。

自国開催という事で、盛り上がる事間違いなしだが、金メダルを取ると日本人としては嬉しいものだ。

オリンピックが開催されると、競技が同時に進行する場合に、どの競技を観るか悩む事がある。

 

だから、事前に金メダル候補の日本人がいる競技はチェックしておきたい。

ここでは、2020年東京オリンピックにおいて、金メダルが期待できる競技や選手をまとめてみた。

スポンサーリンク

東京オリンピック追加種目・野球

今回追加種目として加わった野球は、金メダルを狙える競技である。

日本のレベルの高さは、近年のメジャーリーガーの活躍からも明らかだ。

 

2020年の東京オリンピックでは、全6チームの開催となる。

開催国の日本が出場する事は決定しているが、他の5チームは2019年に行われる大会で決定される。

 

順当にいけば、アメリカ、キューバ、韓国は出場する事になるだろう。

大会の形式は、2つのリーグ戦を行った後に、10試合の変則トーナメントを行う形になる。

また1チームのメンバーは24人となっており、現時点(2019.2)ではメジャーリーガーの参加は不透明となっている。

だが、メジャーリーガーが不参加となった場合でも、日本は金メダルを十分狙える実力をもっている。

 

それは、世界一ともいえる投手力だ。

国際大会では、バッターは初めて対戦する投手がほとんどだ。

だから、金メダルの獲得には、投手を中心とした守りが重要になってくる。

そこでカギとなる投手を予想してみた。

上記の投手は、怪我がない限り選ばれるだろう。

メジャーでも十分に通用するピッチャーである。

 

特にエースとなる菅野投手は、過去の国際大会でも実績が十分にある。

金メダルを獲得するには、菅野選手の活躍が不可欠だ。

また、バッターで4番を務めると予想されるDeNAの筒香選手に注目だ。

国際大会では、あまり点数をとれないものだ。

勝負所での、ホームランがカギを握る。

 

また、東京オリンピックまでに若い投手が頭角を現してくる可能性も十分にある。

戦力的には、日本は金メダルを十分狙える位置にある。

きっと世界に日本の野球の強さを証明してくれるだろう。

野球における背番号の意味とは?

スポンサーリンク

東京オリンピック追加種目・ソフトボール

2000年シドニーで銀メダル。

2004年アテネで銅メダル。

そして、2008年北京オリンピックで日本は金メダルを獲得している。

 

2018.8に日本で行われた世界選手権ではアメリカに延長10回を戦い、惜しくも6対7で敗退した。

だが、アメリカと実力に差はないと言っていいだろう。

もちろん、アメリカは東京オリンピックでも日本の最大のライバルとなる。

 

勝敗の行方はエースの上野投手の出来にかかってくる。

北京オリンピックでは、一人で2日で3試合を投げぬきチームをエースに導いた。

その上野選手、2019.4に顔面に打球を受ける大怪我をおった。

だが、上野選手は帰ってきた。

2019.9に行われた日本リーグでノーヒットノーランを達成したのだ。

2020年東京オリンピックは上野選手の右腕にかかっている。

ソフトボール

東京オリンピック・連覇を狙う体操競技

2020年の東京オリンピックの男子体操は、団体総合が出場権を既に手にしている。

今回のオリンピックで金メダルを獲得すると、2大会連続となり注目したいところだ。

最大のライバルは中国、ロシアになるだろう。

 

個人総合では、2019.4の全日本選手権で連続優勝した谷川選手。

東京オリンピックでも注目選手の一人だ。

また男子個人別は、日本の体操を引っ張ってきた内村・白井両選手が世界選手権代表を逃し、厳しい立場に置かれている。

女子も村上選手が同じく世界選手権代表を逃している。

2020東京オリンピックの体操競技については、新たなスターの誕生が必要になるだろう。

日本のお家芸・柔道

日本のお家芸である柔道。

2020年東京オリンピックでも、多くのメダルが期待される。

なぜなら、前回のリオデジャネイロ五輪では男子が7階級すべてでメダルを獲得しているからだ。

男子では、大野選手、阿部選手、海老沼選手など実力のあるメダリストが揃っている。

特に阿部一二三選手は、オリンピック三連覇を成し遂げた野村忠宏選手の後継者として、大きな期待がかかる。

また、大野将平選手は2019.8に行われた世界柔道でオール一本勝ちという圧倒的な強さを見せた。

 

一方女子も阿部一二三選手の妹、阿部詩選手、朝比奈選手などメダルを期待できる選手が多い。

 

男子団体は2019.8の世界柔道で韓国を破り見事、優勝を果たしている。

女子の団体は、決勝で4人全員が、勝利する完全優勝を果たした。

男女とも、団体戦では東京オリンピックでの金メダルが期待できる。

 

さらに、今回の東京オリンピックから採用される事になった混合団体戦。

(男子が73キロ以下、90キロ以下、90キロ超、女子は57キロ以下、70キロ以下、70キロ超)

2019.9に行われた世界柔道では、見事優勝を飾っており、期待できる種目である。

柔道

【卓球】ミックス 男女混合競技の深い魅力!!

空手

2020年東京オリンピックで初めて正式種目となる空手。

この競技は組手と型の2種目がある。

男子では、2019.9のプレミアリーグ東京大会で優勝を飾った【型】の喜友名選手に期待がかかる。

喜友名選手は、これで世界選手権3連覇となる。

また同大会では清水希容選手も優勝を飾った。

 

一方、男子【組手】では、同大会で優勝した75キロ級の西村拳、67キロ級の五明宏人。

女子では68キロ超級で優勝した植草歩選手が有力だ。

2020東京オリンピック【出場内定者】競技別まとめ!

水泳

男子では、リオデジャネイロ五輪で400m個人メドレーで銅メダルを獲得した瀬戸選手に期待がかかる。

また、同種目で金メダルを獲得した荻野選手は2019.3から休養していたが、2019.5から練習を再開している。

2020年東京オリンピックでの連覇を期待したい。

 

また、平泳ぎで世界記録保持者(2019.1現在)の渡辺選手にも注目だ。

女子では、白血病を発表した池江選手の参加は、残念ながら難しくなってしまったが、平泳ぎの今井選手、酒井選手に期待したい。

また、個人メドレーの大橋選手にも期待がかかる。

2018.8に行われたパンパシフィックでは200m.400m両方で金メダルを獲得している。

 

水泳については、今回は参加が難しい池江選手の分も頑張ってくれると信じ応援したい。

水泳

【オリンピック サッカー日本代表】 オーバーエイジ枠の選出と歴史  

陸上

陸上では、男子4×100mリレーに金メダルを期待がかかる。

2008年北京オリンピックで日本史上初となる銅メダル。

さらに、2016リオデジャネイロオリンピックでは銀メダルを獲得している。

また2019.5に行われたゴールデングランプリでは、見事優勝を果たしているのだ。

しかもこの時のタイムは2019世界最高記録である。

 

日本の短距離選手はここ数年で実力をつけており、2017.9に桐生選手が100mで日本人初となる9秒台を記録(9秒98)

2019.6にはサニブラウン選手が9.97を記録した。

さらに、2019.7に行われた大会で小池選手が9.98をマーク。

日本人として三人目の9秒台を記録した。

リレーでは、実力の増した走りと、世界一のバトンリレーで金メダルを十分期待できる。

走り高跳び

日本人にはメダルと縁がない競技に思える、走り高跳びだが、金メダルを狙える有力選手がいる。

それは、筑波大学の戸邉選手だ。

戸邉選手は、2019.2月に行われた世界室内ツアーで2m35の日本新記録を飛び、見事優勝を果たしている。

なお、リオネジャネイロオリンピック金メダルの記録は2m38である。

戸邉選手の凄い所は、この跳躍もベストではなかったという事だ。

 

戸邉選手には専属のコーチがついておらず、基本的に一人で練習している。

それを可能にしているのが彼の頭脳だ。

戸邉選手は博士号を取得している。

練習の時には、自らの跳躍を複数台のカメラで撮影し、空中姿勢を養っている。

戸邉選手も、東京オリンピックで注目する選手の一人である。

走り高跳び

バトミントン

バトミントンでは、男子の桃田選手に注目したい。

何といっても、世界ランキング1位である。(2019.1現在)

2018年の世界選手権も日本人で初めて優勝を遂げた。

 

桃田選手は、不祥事により、競技が出来なくなってしまった時期があった。

だが、その後の桃田選手は、以前より人間的に大きく成長して帰ってきたように思える。

 

また女子でシングルスは、リオデジャネイロ五輪で日本初のシングルスでのメダルを獲得した奥原選手に注目したい。

奥原選手は、2019.1に日本人女子選手として一人目となるプロへと転向した。

その分、東京オリンピックにかける気持ちは強い。

 

リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した高橋選手、松友選手のタカマツペアはも連覇がかかっている。

女子ダブルスは日本のレベルがとても高く、世界ランキング5位以内に3組(2019.7)入っている状態だ。

だが、残念ながら日本代表として出場できるのは2組だけだ。

 

どのペアが出場しても、東京オリンピックで金メダルを十分狙える実力がある。

さらに、混合ダブルスでは、渡辺・東野ペアが世界ランキング3位(2019.5.14)につけている。

十分優勝を狙える実力がある。

【バドミントン 桃田選手】世界ランキング1位より価値のある人間性とは?

レスリング

いまや日本のお家芸ともなったレスリング。

なかでも女子に期待したい。

一番の注目は川井梨紗子選手だ。

オリンピック5連覇を狙っていた伊調馨選手を、2019.7のプレーオフの末破り、その実力を証明してみせた。

また、リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した48kg級の登坂選手、69kg級の土性選手にも期待がかかる。

レスリング

卓球

また、卓球は男子の張本選手、女子の石川選手、伊藤選手に注目したい。

特に伊藤選手は2018.6のジャパンオープン、2018.11のスウェーデンOPでいずれも中国選手を倒して優勝している。

中国勢の伊藤選手に対するマークはきつくなっているが、優勝する可能性は十分にある。

 

女子ダブルスでは、2019.4の世界卓球で伊藤・早田ペアが組み見事、48年ぶりとなる銀メダルを獲得している。

決勝では、中国ペアに2-4と競り負けたが、金メダルまであと一歩のところまできてる。

卓球 伊藤美誠 中国選手も恐れる、驚くべき強さの秘密に迫る!

同じく2019.4の世界卓球のミックスダブルスで吉村・石川ペアが銀メダルを獲得している。

卓球に関しては、中国の高い壁が立ちふさがるが、なんとかその壁を突き破って欲しい。

【卓球】ミックス 男女混合競技の深い魅力!!

競歩

競歩はご存知の方もいるかもしれないが、日本は多くの有力選手を抱えている。

まず20kmには世界ランキング1位の池田選手、同じく3位の山西選手。

また、50kmには2位の新井選手、4位の勝木選手と金メダルを狙える位置に付けている。

 

50kmの競技に関しては、競技時間の長さと人気があまりない事から、2020東京オリンピック以降の廃止が決定している。

そういった意味でも、50kmの競技での日本人の金メダル獲得を期待したい。

競歩

その他の競技

その他の競技でも、テニスの錦織選手、大阪選手、レスリングの登坂選手など注目選手が沢山いる。

錦織選手は、世界ランキングが6位(2019.5)となっている。

実力は申し分ないが、あとは連戦による体力の消耗が課題になってくるだろう。

【錦織圭】強さの秘密 引き継がれた魂 ひたむきな姿勢と強靭な精神力

大阪選手は世界ランキング1位(2019.5)となっており、金メダルの大本命と言えるだろう。

ただ、大阪選手は日本代表として出場するかどうかの問題も残されている。

大阪なおみ なぜコーチと決別したのか、楽しさと強さの両立は?

 

さらに、スケートボードの銀メダリストである、平野歩夢選手。

東京オリンピックでは、スノーボードでの出場を目指している。

こちらも、目が離せない。

 

2020.東京オリンピック。

自国開催という事もあり、最多メダルの獲得を期待したい。

だが、それ以上に感動できる場面が多くみられることを望んでいる。

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

こちらをご覧の方は、こちらの記事も読まれております。

2020年東京オリンピック 追加種目の見どころ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.