40代のおやじのブログ

転職を成功させるために 最も大事な2つのポイント

2019/05/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

僕は、これまでに4回転職してきた。

家族の問題もあり、多くなってしまい決して自慢できる事ではないが、その経験を基に転職を成功させる方法をまとめてみた。

スポンサーリンク

転職は職務経歴書の出来が全てである

転職活動を行う際に、最も重要なのが職務経歴書である。

これは、企業に提出する時はもちろんの事、転職を斡旋してくれる、転職エージェントの登録を行う際にも必要になってくる。

Free-Photos / Pixabay

1枚にまとめよう

職務経歴書の作成を始めると、どうしても長くなりがちなものである。

ましてや、30代~40代の転職となってくると、アピールしたいポイントが多くなってくるため、そうなりやすい。

だが、理想は、A4サイズ一枚にまとめるべきである。

なぜらな、採用する企業は、いくら細かく書いたところで、

思ったほど隅々まで丁寧に読んではくれないからだ。

だから、少しでも分かりやすいように、A4サイズに自分のアピールポイントをまとめた方がいい。

どうしても1枚にまとまらない場合は、2枚でまとめるようにしよう。

何回も手直しを行おう

当然の事だが、いくら出来の良い職務経歴書でも、自分の良さが100%相手には伝わらない。

それは、面接を受けても同じである。

だから、職務経歴書は何度も手直しを行おう。

 

また、転職活動が進んでいくうちに、職務経歴書に書くべきスキルが身につくこともあるだろう。

ポイントとしては、一日に長時間かけて修正するのではなく、一週間に一度、客観的な視点で手直しを掛けるのが良い。

 

なるべく、客観的な目でみよう。

なぜなら、職務経歴書を読む人は、貴方という人間を全く知らない人なのだから。

 

結婚している人は、恥ずかしがらずに、妻、または夫に読んでもらおう。

ズバズバと指摘されると、面白くないかもしれない。

だが、それもより良い転職先に就職する為だ。

じっと我慢しよう!!

転職を成功させる為に準備する事!最も大事な3つのポイント

何種類か作成しておこう

職務経歴書は少なくても、2種類は以上は意しておくのがよい。

なぜなら、その企業によっあれば 同じ職種でも、求めている人物像が異なるからだ。

例えば、管理部門でのリーダーの経験があり、管理職の転職を希望していたとする。

その場合は、リーダーとしての面を主張するものと、実務面を主張するものの2種類を作成するべきだ。

 

応募する企業が、何を求めているかによって提出する職務経歴書を変える様にしよう。

その職務経歴書によって、企業に与える印象は全く異なるものになるだろう。

ブラック企業の見分け方・・たった3つの方法とは?

Free-Photos / Pixabay

スポンサーリンク

給料以外の部分を重視しよう

転職を希望する理由は人それぞれだと思う。

待遇面、人間関係などなど、様々だろう。

転職先を選ぶポイントは当然それらが、解決される事がベストだ。

それを実現するために色々なポイントがあると思うが、その一つに転職時の給与だけを重視しない方がよいという点がある。

 

もちろん、転職するのだから、給料面での待遇が以前より良くなるのは理想だ。

家族がいる人はなおさら、その点を考えるだろう。

僕もそうだった。

でも当然の事ながら、給料が高ければ高いほど、転職した時の会社の期待も高くなる。

 

転職は、全ての環境が変わるので、それだけで大変である。

いくら実力がある人でも、その会社の社風に合わなければ実力を発揮する事はできない。

実力を発揮できるのは、その会社に慣れてからだ。

そして、その会社に慣れるまで、少なくても一年はかかるだろう。

 

だから、転職先を考える時には、実力が発揮できる会社かどうか・・・すなわち長く務める事ができる会社かどうかを考えるべきだ。

その為には、その会社の離職率、労働時間、入社した場合の通勤時間を優先するべきである。

 

繰り返すが転職は、本当に大変なものである。

会社によって全くルールが違う事に戸惑うだろう。

何もかもが、初めての経験で、体と頭が慣れるまでの疲れ方は半端ではない。

例えるならば、新卒として初めて働いた時の状態によく似ている。

 

しかし、違う職場だからこそ慣れることが出来れば、自分の力が発揮できるはずである。

また新卒の時と大きく違うのは、貴方には貴重な他社での経験がある。

それは、そこの企業にしか務めていない人は、もっていない経験である。

だからこそ、業務の効率化を図る事もできやすいのだ。

 

また、貴方自身も、今までにない刺激も受ける事になり、向上出来る事は間違いない。

 

この文章が転職活動に少しでも助けになる事を祈っております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.