40代のおやじのブログ

少年野球、良い掛け声、悪い掛け声

2019/07/02
 
少年野球
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

みなさんは、少年野球の試合をどのように応援していますか?

 

僕の次男は少年野球に入団していた。

僕自身も昔、野球をしていた経験がある。

だが、野球の事があまり詳しくない人は、どんな掛け声で応援をすれば良いかわからない人もいると思う。

 

応援したいけど、何を言えばいいかわからない、そういう場面もあると思う。

ここでは、そういう人の為に、少年野球の応援で使う掛け声を【良い掛け声、悪い掛け声】に分けてまとめてみた。

是非、「良い掛け声」を使って、子供達を応援してほしい。

スポンサーリンク

少年野球の応援、良い掛け声

ピッチャー編

   ナイスピー

言葉の通り、ピッチャーが良いプレーをした時に使う。

 

具体的には、ピッチャーがストライクを取った時、空振りを奪った時だ。

特におすすめなのは、ピンチを凌いだ時、または、三振を奪った時が良い。

大きな声で応援してほしい。

ピッチャーもこの掛け声で応援されると嬉しいものだ。

【ナイスピー】はピッチャーの気分を乗せるのにとても良い掛け声だ。

 

ナイスボール

ナイスピーと同じ場面で使うと良い。

バッターが見逃してしまうほど、良いコースに決まった時にもお勧めだ。 

 

ピッチャー勝ってるよ

この言葉は、主にピッチャーを励ます時に使われる。

相手のバッターにファールで粘られている時や、内野と外野に落ちるポテンヒットと呼ばれる不運な当たりが続いた時などに積極的に使おう。

また、ヒットを打たれてはいないが、ファーボールを連発してしまった時に使うのも良い。

ファーボールが続くとピッチャーは気落ちしてしまうものだ。

そんな時は、この掛け声で応援してほしい。

 

きっとピッチャーの勇気になるだろう。

 

ピッチャー楽に

ストライクが入らず、ボール球が続いた時に使おう。

特に、ピッチャーは力むと高めにボールが浮くことが多い。

そんな場面があったら、ぜひ使ってほしい。

 

また、ピッチャーは良い球を投げるには、力は必要ないものだ。

もちろん、本人もそれを分かっている。

だが、ピッチャーはどうしても【抑えたい気持ち】が強いと力が入ってしまう。

少しでも、楽に投げられるように、この掛け声を使ってピッチャーを応援しよう。

少年野球 ピッチャーになる為に必要な3つの事

 

ナイケン、ナイケン

ナイスけん制の事である。

特に、ランナーがアウトになった時に使うとより効果的だ。

たとえ、ランナーがアウトにならなくても、きわどいタイミングであれば、同じように掛け声を掛けてほしい。

 

また、ピンチの時に冷静にけん制球をした場合も【ナイケン】という掛け声を使ってほしい。

なぜなら、少年野球のピッチャーはピンチになると、バッターだけに集中しやすいすくなるからである。

ピッチャーがピンチの場面でけん制をしやすくなるように、【ナイケン】を使って応援しよう。

 

ピッチャーは野球の中で最も重要なポジションであり、孤独なポジションでもある。

だから、精一杯応援して、ピッチャーを盛り上げよう。

これは、野球を応援する上でとても大切な事である。

少年野球 グローブ

バッター編

  ナイスセン

ナイス選球の意味。

ボール球を見逃したときに使おう。

 

特に、ストライクかボール球か際どい球を、見送った時に使ってほしい。(結果がボールの時)

ファーボールを選んだ時も同様である。

【ナイスセン】と言われたバッターはテンションが上がるものである。

その後の結果に大きく影響するだろう。

   

 バッター合ってるよ

バッターのスイングが、ボールとタイミングが合っている時に使おう。

空振りでも、タイミングが合っていれば、【バッターあってるよ】と応援してほしい。

またバッターは、この言葉をかけられると、自信を持つものだ。

特に、ファールボールが真後ろに飛んだ時は、タイミングが合っている証拠なので、是非使ってほしい。

タイミングさえあっていれば、ヒットはもうすぐそこなのだ。

 

 さっきのさっきの

「前の打席と同じバッティング」という意味で使う。

具体的には、前の打席でヒットまたは、いい当たりをしたバッターに使う。

バッターは一本ヒットが出ると、調子に乗りやすい。

だが、バッターボックスに入ると、もっと良い当たりを打とうと力が入ってしまう事がある。

それでは、決して良い結果は出ない。

 

そんな時にこの掛け声で、前のヒットを思い出してもらおうのだ。

応援が届けば、バッターは余計な力が抜けるはずである。

この掛け声は連続してヒットを打ってもらうのに最適である。

 

バッター大きいのいらないよ

バッターは、チャンスになると思わず長打を狙ってしまうものである。

特にクリーンナップの3.4.5番などは、実力があるだけに、その傾向が見られる。

だが、その結果、無駄な力が入ってしまいチャンスを潰してしまう場合がある。

 

だから、リラックスしてもらう為にこの掛け声が有効的だ。

この応援がバッターに届けば、無駄な力が抜けクリーンヒットを打ってくれるだろう。

 

少年野球 守備

KeithJJ / Pixabay

 

ランナー編

ナイラン ナイラン

盗塁を決めたとき。

また、ランナーがバッターの打球に反応良く、良い走塁をした時に使おう。

ランナーが良い走塁をしているかどうかは、野球を観るのに慣れてこないとわかりずらいものだ。

だが、試合を見るにつれ、ランナーの走塁の違いが分かってくると思う。

いいランナー、いいランナー

ランナーがリードを大きくとり、ピッチャーに多くけん制をもらった時に使おう。

ピッチャーは、大きくリードを取られるとバッターに集中できないものである。

バッターに打ちやすくするのも、ランナーの役割なのだ。

 

ランナーは、ピッチングやバッティングと違い、好不調がないものだ。

だから、良い走塁をしている選手には、是非、掛け声をかけてあげて欲しい。

 

【少年野球】初球打ちが打率を急激にアップさせる!!

少年野球

スポンサーリンク

悪い掛け声

ピッチャーストライク入らないよ

相手投手がストライクが取れず、苦戦している時に使う人がいる。

また、ファーボールが続いた時も同様だ。

 

僕が少年野球をしている時はよくこの言葉を耳にしたが、スポーツマンシップに反する言葉だと思う。

これは、悪い掛け声なので、使わない様にしよう。

バッター立ってるだけだよ

相手チームのバッターが、全くバットを振らず、ファーボール狙いに見える時に使われる。

これもマナー違反なので使わないようにしよう。

【少年野球】レギュラーになる為に・・・やるべき3つの事!!

楽しめー

必ずと言っていいほど、チームに一人は、このセリフを口にする親がいる。

悪気がある訳ではないだろうが、大事な所ほど良く耳にしたものだ。

悪い掛け声とはまでは言えないかもしれないが、空気が悪くなる時があるので気をつけよう。

自分のチームにも、これを連呼する親がいたが、全くの的外れだと思う。

 

僕も子供の時、少年野球でキャプテンとして試合に出場していたが、楽しむことは、絶対に出来なかった。

というか、小学生でそれが出来る人はほどんどいないだろう。

なぜなら、チャンスや、ピンチになれば、プロ野球選手でさえ、力が入り本来の実力を出せない時があるからだ。

 

それを小学生に求めるのは、違うと思う。

本当は、その緊張に打ち勝ち、いいプレーが出来るかどうかが大事な部分だと思う。

 

そして、それが少年野球を通しての最高の経験の一つだと思う。

誰でも人生を歩んでいく途中で、緊張する大事な場面はいくつも訪れる。

その時に、緊張に打ち勝ち、力を発揮できる強さを持つことは、一つの試合に勝つことよりも大きいと思うからだ。

だから、僕はこの掛け声は悪い掛け声だと思う。

【少年野球】子供が喜ぶ、人気のあるお弁当はこれだ!!

番外編

当たっていけー

これは、バッターにデットボールでもいいから塁に出ろ!という意味である。

監督やコーチから真剣に、この言葉をかけるのは良くない。

だが、応援席の選手の親から、冗談で応援するのは有り?かもしれない。

打ったら焼き肉ー

これはバッターへの掛け声で、親だけが言える言葉である。

実際にこの言葉を使って応援している親がいた。

これは、選手のタイプにもよるが力が抜けて良い掛け声だと思う。

逆に力が入りすぎる場合もあるかも知れないが・・・・・・

少年野球の応援 まとめ

プレーしている選手には、当然、応援の声が耳に入ってくる。

その応援が力になる事もあるし、場合によってはその逆の場合もある。

だから、掛け声の意味をしっかりと理解した上で、応援してほしい。

 

少年野球の応援は、時には試合の勝敗を左右する事もある。

少しでも沢山の良い掛け声を選手に届けてほしい。

それが、選手の力になるだろう。

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

「この記事をご覧になった方は、こちらの記事も読まれています」

【少年野球】子供を応援する為に必要な4つの道具!!

スーパーゼビオ公式通販サイト

ナイキ、アディダス、アシックス、ミズノ

ユーザーレビューが商品選びの参考になります

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.