40代のおやじのブログ

【少年野球】試合に勝つために!けん制球が大事な理由とは?

2019/09/01
 
けん制球
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

少年野球において、目立たないけど、重要なもの・・。

それが【けん制球】である。

少年野球の試合では、盗塁が試合の勝敗を大きく左右する。

だから少年野球では【けん制球】が大切になってくるのだ。

 

少年野球は、簡単に盗塁を決められる事が多い。

それは、高校野球や、プロ野球と比べ、キャッチャーの肩が弱いからだ。

それをカバーするにはピッチャーのクイックモーション、けん制球が大事になってくる。

 

けん制球を巧みに操ることが出来れば、少年野球でも盗塁を簡単に決められる事は無い。

ここでは、けん制球の大切さを3つにまとめてみた。

スポンサーリンク

アウトにする目的だけではない

牽制球でランナーをアウトに出来れば一番いい。

だが、けん制球はランナーをアウトにする事だけが目的ではない。

ランナーが良いスタートを切るのを防ぐのも、大事な目的だ。

けん制が上手なピッチャーほどランナーは、スタートをきりずらいものだ。

 

試合では、盗塁を何度決められてしまうと、試合で勝つのが難しくなる。

だから、盗塁を防ぐ為にピッチャーのけん制が大事になってくる。

 

試合に勝つためにバッターだけに集中せず、けん制球を効果的に行おう。

少年野球 ピッチャー 上手くなる為に必要な3つの事とは?

スポンサーリンク

色々なタイミングでけん制しよう

例えば、ランナー一塁の場面で、セットポジションに入ってから一度ランナーを見る。

二度目でけん制するとしよう。

 

少年野球では、このようにピッチャーのけん制が一定になってしまう事が多い。

だが、タイミングが一定だと、ランナーも当然対応しやすいものだ。

だから、セットポジションでボールを持っている時間を変え、ランナーのタイミングを外す事を心がけよう。

 

ポイントは、自分が考えている以上に極端に変える事が重要だ。

なぜなら、わずかなタイミングの違いだとランナーから見るとあまり効果がないからだ。

 

また、ランナーを見る回数も一定にならない事を心がけよう。

たとえば、

  • ランナーを一回見る
  • 二度目で投げる

このように見る回数が一定だと、ランナーに簡単に対応されてしまう。

少し工夫が必要だが、効果があるので試してほしい。

 

セットポジション以外からもけん制を行おう。

それは、プレートを踏まない状態でけん制球を投じる事だ。

ピッチャーであっても、プレートを踏んでいなければ、野手と同じ扱いになる。

だから、プレートを踏んでいなければ、いつファーストに投げてもボークにはならない。

 

ランナーはセットポジションに入ってからリードをするものだ。

だが、少年野球の試合では、ピッチャーがセットポジションに入る前にリードしている場合が多い。

 

具体的には、バッターがシングルヒットを打ったとしよう。

  • 野手からボールを受け取る
  • ランナーをみる
  • 送球する

といった具合だ。

アウトに出来なくても、ランナーはリードする時に注意を払うようになるはずだ。

この様な点でも、けん制球は試合に勝つためにとても大事なのだ。

 

 

けん制でバッターのタイミングを外そう

けん制球は、基本的にランナーに対して行うものである。

だが、バッターに対しても意外に効果があるものだ。

 

それは、

  • 集中力が切れやすくなる
  • タイミングが取りずらくなる

この2点だ。

バッターは、ピッチャーがセットポジションに入ってからに集中力を高めていく。

それが、けん制をされると、また一から集中力を高めなければならないのである。

プロ野球では、けん制球が何回か続くと、バッターボックスを外して仕切り直しを行うものだ。

 

プロ野球選手でさえ、集中するのが難しいならば、小学生が難しいのは当然の事だ。

このように、けん制球は、ランナーだけでなく、バッターにも有効なのだ。

是非、練習して色々な種類のけん制を身に付けてほしい。

 

✔最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

この記事を読まれた方は、こちらも多く読まれております。

【少年野球】ピッチャーが習得すべき、外角低めのストレートの秘密

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.