40代のオッサンのブログ

ビジネス この言葉には要注意 隠された意味とは?

2019/08/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

僕は、今まで転職を5回し、様々な職場をみてきた。

それは、決して褒められる事ではないが、そのおかげで気づいた事がいくつかある。

 

その中の一つに、ある共通する言葉を使用する人は、仕事が出来ない、または信用できる人物ではないと言う事だ。

 

その言葉を紹介したい。

スポンサーリンク

ざっくりと

いつからだろう、この言葉を耳にする様になったのは・・・・

初めて聞いた時は驚いたものだ。

 

要約すると、だいたいという意味なのだろうが、この言葉を多く使用する人にはある傾向がある。

 

それは、その言葉に全く責任感をもっていないと言う事だ。

 

つまり、その言葉が当たっていようと、外れていようと、言い訳は腐るほど用意されているのだ。

 

これほど、意味のない事があるだろうか?

自分にとっての、時間稼ぎ・・・・・その言葉しか聞こえない

【仕事】課長の役割とは?その仕事が会社を大きく左右する・・・・

スポンサーリンク

仕事が回っている

この言葉は多くの人が、耳にした事があるだろう。

いい意味でとれば、順調に進んでいる・・・・ともとれる。

しかし、実際は問題が表面化していないだけで、改善もされず進んでいる事が多い。

 

そもそも、仕事に回っている、という事があるのだろうか?

 

もし以前と変わらずに、進んでいるのだとしたら、改善されていない事になり、業務の低下を意味する。

 

仕事には、向上と低下しかないと思う。

なぜなら、以前と変わらずに業務をこなしている企業は、そうでない企業に負けてしまう事ははっきりとしているからだ。

だから、仕事は常に向上させ、効率化を図らなければならない・・・そう思う。

【ビジネス】仕事が出来る人とは?その共通する特徴について・・・

 

スポンサーリンク

・・・・・と言いつつも

この言葉を、確かに使うとなぜか説得力のある言葉に聞こえる。

しかし、冷静にその内容を考えると、「・・・といいつつも」の前と、後で正反対の事を言っているにすぎず、その中に意見が全く含まれていない場合が多い。

それどころか、後で結果がどちらに転んでもいいように予防線を張っている様に思う。

意見が含まれていない言葉は、全く意味がない事が多い。

 

スポンサーリンク

これは自分の仕事ではないので・・・・

何かの仕事を指示した時に、相手にこれを言われたら、これはもう、絶望的である。

 

事前に、この仕事の担当は・・・・さん、と決められている場合は別の話だが、そうでない場合は、この言葉を使う人の意識は低いと言わざるを得ない。

 

なぜらなら、営業、人事、総務、など部署が分かれ、その中である程度の担当を決めていても、それで仕事の全てが分類出来ないからだ。

 

それなのに、自分の中で、仕事の範囲を決めている人は意外と多い。

それは、その方が楽だからである。なぜらな範囲を決めていれば、同じ事の繰り返しになり、次第に慣れていくからだ。

 

もちろん、その人のスキルが向上する事もないのだが・・・・・

仮にそういった人間だけで構成された会社が存在したら、どうなってしまうだろう。

 

当然に、誰も手を付けない仕事が生まれてしまうだろう。

 

実際に、自分の仕事を決めている一例を紹介させてもらう。

 

その人物は、経理部門で入社してきた。

 

もちろん、採用時に仕事の範囲を会社から伝える事はしていない。

入社してすぐに問題が起きた。

 

何かを指示すると「これは自分の仕事ではない」と返ってくる。

仕方がないので、その「自分の仕事」の範囲の根拠を聞いてみると、本当に驚いた。

 

それは、自分が今まで経理として行ってきた業務範囲で認識していたのである。

 

言うまでもないが、これは100%間違っている。

なぜらな、会社によってそれぞれの部署で行う仕事は違うからだ。

 

その人は当然の様に、2カ月で退職した。

つけ加えると、その自慢の経理能力も、本当に乏しいものだった。

 

言葉はそれらしく聞こえても、意味が全くない、楽をしたいなど、じっくり聞いてみると、

その人の心の中を覗き見ることが出来る。

 

逆に言えば、自分が見られているとも言えると思う。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.