40代のオッサンのブログ

【ブラック企業の定義】勇気を出して転職を考えてみよう。

2019/09/12
 
仕事
この記事を書いている人 - WRITER -

「働き方改革」こんな言葉を耳にするが、、世間ではいまだにブラック企業が多いのが実態だ。

 

また、転職した事がなければ、自分の会社がブラック企業かどうか分からない人も多いはずだ。

なぜなら、一社しか務めた事がなければ、その会社の社風が当たり前になる為、違和感を感じなくなる事があるからだ。

ブラック企業に勤めると、【休みがない】【長時間労働で体を壊す】など自分にとってのデメリットがとても多い。

これは、本当にもったいないことだ。

 

なぜなら、本来自分の時間として使える人生の貴重な時間を、会社に奪われているからだ。

だから、ブラック企業に勤めていて、やる気がある人は転職を考えるべきだ。

 

僕も、ブラック企業に何社か勤めてきた。

過労で倒れた事もある。

その時の経験を基に、ブラック企業の定義についてまとめてみた。

スポンサーリンク

実際は条件が違うブラック企業

例えば、求人で【日曜日、祭日休み】と記載されていたとする。

 

だが、いざ入社すると【祭日に休めない】という場合がある。

もちろん、決算期などの繁忙期であれば、問題ない。

だが、そうでない場合は、間違いなくブラック企業だ。

 

これはブラック企業の定義に当てはまるだろう。

 

なぜなら、求人時の条件と実際の待遇を変える企業は、休み以外も変えられる可能性があるからだ。

 

これは、働く側にとっては本当に困る事だ。

僕も、4週6休が社長の思いつきで4週4休に変えられてしまった事がある。

もはや何でもありだ。

 

こういったブラック企業に勤める事は自分の為にはならない。

やる気があれば、すぐにでも転職しよう。

 

ブラック企業

ブラック企業の見分け方・・たった3つの方法

スポンサーリンク

いつも求人広告を出すブラック企業

条件が良い企業を探し、求人広告を定期的に見ている人も多いだろう。

 

1年位求人広告を見ていると、いつお募集している企業に気が付くだろう。

その企業はブラック企業である可能性が高い。

なぜなら、離職率が高いは「ブラック企業の定義」の特徴だからである。

 

考えてみてほしい。

常に求人を出している企業は、離職率が高いか、評判が悪く人が集まらない所なのだ。

だから、給料などの待遇が良くても、その企業に転職するのはやめた方がいい。

転職から得られるもの・・・・向上心旺盛な 20代に向けてのススメ

 


転職に役立つおすすめ情報サイト運営、転職支援15年以上のジキルさんがまとめた比較表です。
一般事務、営業事務におすすめの転職エージェントの特徴がよく分かります。

 


一般事務、営業事務におすすめの転職サイト・転職エージェントより

スポンサーリンク

役員に時間外労働の概念がない

時間外労働をした場合、通常は時間外手当を支給する義務がある。

だが、ブラック企業は支給される事がないだろう。

 

僕もそうだった。

時間外手当が支給されないだでなく、役員に時間外労働をさせている意識がない時は最悪である。

それは、役員が従業員の労働時間を気にしていない証拠である。

 

その為、効率的に仕事を進める改善も進まないし、無駄な会議も増える。

特に社長の演説のような、会議が多い会社は要注意だ。

労働時間の大切さを分かっていないと言えるだろう。

 

「時間外労働の意識がない」というのも、ブラック企業の定義に当てはまる。

この様な企業はやる気のある方ならすぐに転職するべきである。

 

ブラック企業に勤めて一番怖い事は、体を壊す事である。

体を壊してしまうと、その後の生活にも大きな支障が出る。

だから、自分で自分の身を守る必要がある。

そして、企業は助けてはくれない。

 

やる気さえあれば、今よりも良い企業は必ず見つかるものだ。

 

✔この記事をご覧の方は、こちらも多く読まれております。

【ブラック企業の社長】信じられない3つの口癖!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.