40代のオッサンのブログ

巨人 小林捕手 打撃開眼なるか?原監督の指導を受けて!!

2019/08/18
 
小林捕手
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

2019年巨人軍の成績を大きく左右するポジション。

それは、捕手の固定だろう。

FAで西武から炭谷を補強し、阿部選手も捕手に復帰したが、やはり鍵を握るのは小林捕手だろう。

何といっても小林捕手は、侍ジャパンにも選出されている。

その守備と肩は誰もが認めるところだ。

原監督曰く

守備は世界一

と言わしめている。

だが、2019シーズンは交流戦明けから、FAで獲得した炭谷捕手の出場が増えている。

これには、原監督の「リードは小林捕手より炭谷捕手の方が上」という評価があるからだ。

打撃成績は小林捕手が打率.268 1本塁打 8打点。

炭谷捕手が打率.264 3本塁打 13打点。

 

以上の様にバッティングではほぼ互角である。

小林捕手はリード面を磨く事が、正捕手としての第一歩になる。

そして、原監督も小林選手の覚醒を期待しているように思う。

スポンサーリンク
野球

350543 / Pixabay

原監督は、2019.3.7の総会で

小林にいたっては私が今、真剣にバッティングを教えていますので、今年は打つと思います

と述べている。

では、小林捕手の打撃が本当に低いのか?セリーグの他球団の捕手と打率を比較してみた。(2018シーズン各球団の出場試合数が最も多い捕手を抜粋)

球団 氏名 出場試合数 打撃成績
巨人 小林誠二  119 .219
広島 會澤 翼 103 .305
阪神 梅野隆太郎  132 .259
ヤクルト 中村 悠平 123 .211
中日 松井 雅人 91 .229
DeNA 嶺井 博希 91 .177

 

この成績を見ると、広島の會澤捕手が頭一つ飛び出ているが、小林捕手だけが打率が低いという訳ではなさそうだ。

小林捕手の打撃が良くないというイメージは、プロ野球ファンなら共通して持っていると思うが、これは巨人という人気チームにいる宿命なのかもしれない。

2019 読売ジャイアンツ 坂本勇人 覚醒の秘密とは?

プロ野球 

lovelyheewon / Pixabay

 

原監督の言う通り、2019シーズンに小林捕手の打撃が開眼する可能性は十分にある。

なぜなら、2018シーズンは開幕から4/28迄は.375と首位打者をキープしていたのだ。

新人なら別として、小林捕手の打撃のデーターは各球団が持っているはず。

その中で、この様なハイアベレージを出したのは、偶然ではない。

そして、2019シーズンも3月は.286、4月は.395と好成績を残している。

 

2017年のWBCにおいても、日本代表の正捕手として全7試合にスタメン出場し、.450とチームトップの成績を残した。

以上の事から、2019シーズンの小林捕手は.250以上の成績を残せる可能性が十二分にあると思う。

それは小林選手が、試合前の早出特打ち、さらに試合後の素振りを行っているからだ。

また、小林選手が打つとベンチが異常に盛り上がる。

これも、大きな魅力のひとつだろう。

 

原監督は小林捕手を【正捕手に育てる】と考えている気がする。

その為に、炭谷選手をFAで補強し、競争心を煽っているのではないだろうか?

 

現代のプロ野球は、複数の捕手でペナントレースを戦っている。

だが、優勝するチームはいつの時代も、正捕手が定まっている。

守備の要である捕手が投手を支える事が、数字には表れない投手の支えになるのだ。

 

原監督の期待に応え、セリーグを面白くするために、【小林捕手】には、奮起してもらいたい。

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

この記事をご覧の方は、こちらも多く読まれております。

巨人 菅野投手・・日本一のピッチャーと言われる理由とは?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.