40代のおやじのブログ

【うつ】改善する為に行うべき4つの事・・・・・

2019/02/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

Free-Photos / Pixabay

僕は、うつ病に二度なったことがある。

一度目は、数カ月で回復したが、二度目になった時は、改善するまで3年の月日が掛かった。

その経験から、自分が行ってきて良かったと思える事を紹介したいと思う。

スポンサーリンク

出来るだけ外に出る

うつが進行すると、何もしていなくても圧迫感が襲ってくる。

 

そして、無気力になってしまう為、ベットで寝たきりになる人も多いと思う。

 

だが、一日の中でも、調子が良い時間帯があるはずだ。

 

僕は、午後の二時から八時くらいは比較的気持ちが安定していた。

 

調子が良い時間帯に、短い時間でも良いから外に散歩にでも出る事をお勧めする。

 

少しでも、気持ちが楽になるだろう。

 

近所の目を気にして、中々外に出ずらいと思っている人もいると思うが、そんなことは考えないようにしよう。

 

一日中調子が悪い日は、無理をしなくていい。

 

だが、調子がいいときは外に出てほしい。

http://aki0316.com/post-686

スポンサーリンク

友達と食事に行く

友達と食事に行くことも良い気分転換になる。

 

うつが原因で、働くことが出来ない人は、「働いていないのに外で食事なんて出来ない」そう思うだろう。

 

これは、真面目な人ほど、そう考えると思う。

 

僕もそうだった。

 

だが、今は一日でも早く【うつ病】を改善させる事が一番大事だ。

 

その為には、自分に甘くする部分も必要である。

 

うつ病で一日中家にいると、ネガティブなことばかり考えてしまうものだ。

 

環境を変える事がとても大事だ。

 

たまには、友達と食事に行くのも、うつを治す良い気分転換になる。

うつを改善した人のブログを見る

うつを改善した人のブログを見ると、とても勇気づけられる。

 

ポジティブな内容のブログを選んで読んでみよう。

 

きっと自分が共感できる部分があるはずだ。

 

うつは他の人には、中々共感してもらう事が難しい病気だ。

 

だから、同じ病気で苦しんだ人のブログを読むと、気持ちが楽になるはずだ。

 

http://aki0316.com/utsu-akiramenai-boku-ga-shigoto-ni-fukki-shita-3-nenkan-no-michinori/

今は休む時と諦める

うつになって仕事が出来なくなると、一日でも早く社会復帰する事を考えるだろう。

 

そして、月日が経つうちに「焦り」が強くなるはずだ。

 

だが、「焦り」はうつの改善を妨げるものだ。

 

今は、【治す為に必要な時間】と割り切って過ごすことがとても大事だ。

 

どんな病気でも、回復するまでに時間はかかるものだ。

 

うつも同じだと考えよう。

 

うつは本当に辛く苦しい病気だ。

 

 

僕は「このまま仕事を一生できないのではないか?」と何度も考えたものだ。

 

また、病気そのものも苦しいが、他人に理解してもらうのが難しい事も更に自分が追い詰められる原因だ。

 

僕も最後まで妻に病状を理解してもらう事が出来なかった。

 

他人に理解されないというのは苦しいものだ。

 

「もしかしたら、自分が甘いだけでは?」という気持ちにもなる。

 

だが、それは間違いだ。

 

うつになるのは、「気持ちの問題」「生まれ持った性質」では決してない。

もちろん、かかりやすい人というのはいると思う。

 

だが、絶対にうつにならない人というのはいないはずだ。

 

うつで苦しむ人へ・・・・・・出来るだけ自分に甘くしてください。

 

そして環境を変えてください。

 

他人の目は「無視」する様に心がけてください。

 

なぜなら、一番大事なのはあなた自身だから・・・・・・・・

 

この文章が、うつで苦しんでいる誰かが一日でも早く改善するきっかけになれば、

これ以上嬉しい事はありません。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.