40代のおやじのブログ

西武ライオンズ 山川穂高 ホームラン製造機 バッティングの秘密に迫る

2019/08/18
 
山川穂高
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

豪快なスイングと、日本人離れしたパワー。

西武ライオンズの山川穂高選手は、いとも簡単にスタンドにボールをたたき込む。

 

また、ホームランを打った後のパフォーマンスも山川選手の魅力の一つである。

2018は女芸人【ゆりあん】のパフォーマンス。

2019は【相撲】のパフォーマンス。

これを楽しみに球場に足を運んでいるファンもいるだろう。

イチロー選手が安打製造機といわれたが、山川選手はホームラン製造機といっていいだろう。

では、山川選手がなぜホームランを量産できるのか?

その秘密をまとめてみた。

スポンサーリンク

タイミングを崩されてもフルスイングできる

山川選手の持ち味といえばフルスイングだろう。

打球をより遠くへ飛ばす為にはフルスイングが適している。

 

山川選手のバッティングフォームは、肩幅より狭く立ち、早めに足を上げて踏み込むものだ。

このフォームだと、より打球に力を伝える事ができる。

その反面タイミングを崩されやすいものだ。

だが、山川選手はタイミングを外されてもフルスイングする事が出来る。

 

それは、左足でしっかりとタメを作る事が出来るからだ。

これは、打率が.273(2019.6.10)という成績からも表れている。

なぜなら、タイミングを外されてもミート出来なければ、この打率は残せないからである。

この下半身の強さが山川選手のバッティングを支えている。

MVP男 読売ジャイアンツ 丸選手はなぜファーボールが多いのか?

スポンサーリンク

試合前のフリーバッティング

山川選手は試合前の打撃練習において、初めにバッティングマシンを利用している。

ただひたすらに、同じコースに来るボールを打つ練習をしているのだ。

これによりバッティングフォームを固めているという。

 

そして、打撃投手との練習では、120%の力でスイングしている。

これは、「普通にセンター前に打つのは簡単だから」と語っている。

120%の力でフルスイングすると、フォームが崩れるものだ。

だが、山川選手はボールを強く打つ事にこだわる。

その姿勢こそが、ホームランを量産できる秘密のひとつだろう。

2019 読売ジャイアンツ 坂本勇人 覚醒の秘密とは?

野球

試合後の練習

山川選手は、試合後に毎日100球の打ち込みを欠かさず行っている。

しっかりセンター返しをする事でフォームを修正しているという。

これにより試合中にフルスイングしても、フォームを維持できるのだ。

 

試合に勝った時は、遊びに行きたいときもあるだろう。

それでも山川選手は「明日打てるかわからないから」という理由で練習を欠かさない。

このひたむきさが、ホームランを量産できる秘密のひとつだろう。

巨人 元木コーチ 非凡な野球センスと意外な3つの顔とは?

野球

BarbeeAnne / Pixabay

ホームラン製造機のまとめ

山川選手のスイングスピード。

そして日本人離れしたパワー。

それだけでは、ホームランを量産する事は出来ない。

 

試合前、試合後に誰よりも練習している事がホームランを打てる一番の要素だろう。

才能に恵まれたプロ野球の選手でも、努力が大切なのを山川選手は教えてくれる。

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

野球をみるならダ・ゾーンが一番

お試し期間30日!簡単に解約できます。


 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.