40代のおやじのブログ

【のっぺ汁】新潟の郷土料理について調べてみた!

2019/03/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

新潟県には「のっぺ汁」という郷土料理がある。

生まれも、育ちも北海道の僕は食べた事がない。

その名前に惹かれ、どんな料理なのか調べてみた。

sayama / Pixabay

 

スポンサーリンク

のっぺの名前の由来

はっきりとは分かっていないらしい。

「のっぺい」が粘って持ちの様であるから、「濃餅」と表記され、粘っているこのの意味の「ぬっぺい」が「のっぺい」に訛ったと考えられている。

スポンサーリンク

「のっぺ」と「のっぺい汁」の違い

「のっぺ」はあくまでも「煮物であり」、「のっぺい汁、のっぺい、のっぺ汁」とは異なる。

*なのでのっぺ汁は「のっぺ」とは異なる。

 

のっぺい汁は新潟県だけでなく、全国各地に昔から伝わる郷土料理のひとつという事だ。

 

だから、新潟県オリジナルの郷土料理であれば「のっぺ」という事になる。

 

のっぺい汁は新潟県の「のっぺ」と似ているが、野菜の皮やへたをごま油で炒め煮て汁にしたもの。

 

全国各地で、使用する材料は異なるが、「のっぺい汁」

  • さといも
  • にんじん
  • こんにゃく
  • しいたけ
  • 油揚

以上に

醤油、食塩で味付けし、片栗粉でとろみをつける。

*のっぺい汁は片栗粉でとろみをつけるのに対し、「のっぺ」は「さといも」でとろみをつける所が大きく違う所だ。

ムーミンって何者だ?

のっぺの材料

  • 里芋
  • にんじん
  • れんこん
  • しいたけ
  • 鶏肉
  • こんにゃく
  • かまぼこ
  • ごぼう
  • たけのこ
  • しゃけ

のっぺの作り方

主にお正月の定番で、お盆やお祭りでも食べられる。

また冠婚葬祭で多く出されるらしい。

 

レシピはこちら⇒言わずと知れた新潟の味「のっぺ」

まとめ

新潟県の「のっぺ」はオリジナルの郷土料理(煮物)だが、のっぺい汁、のっぺ汁などと呼ばれるもの(汁物)は全国各地で昔から食べられている物だ。

 

僕も、「のっぺ」は食べた事がないが、「のっぺい汁」は食べた事があるのかもしれない。

 

こちらの記事をご覧の方は、この記事も読まれております!

瓶入り「明治フルーツ」生産終了!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.