40代のオッサンのブログ

【仕事】転職を成功させたい人へ 大事な3つのポイントとは?

2019/08/19
 
転職
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

僕は、家庭の事情などで今まで、5回程転職してきた。

これはかなり多い回数だろう。

 

もちろん回数が多いのは決して自慢できる事ではない。

だが、転職を経験したからこそ、分かったことがある。

転職エージェントでは、教えてくれない部分も見てきた。

なぜなら、いくら転職者の話を多く聞いていようと、実際にそれを経験しているとでは見える部分が違うからだ。

 

これは、本でいくら学ぼうと、実際に経験するのが一番という事と同じだと思う。

ここでは、転職を考えている方に、「成功する転職方法」のポイントをまとめてみた。

スポンサーリンク

頻繁に募集広告を出している企業には気をつけろ

転職活動をある程度行っていると、いつも募集を出している企業がいくつかあると思う。

 

この企業への転職は、お勧め出来ない。

 

なぜらなら、頻繁に求人広告を出しているという事は当然、離職率が高いという事だ。

また離職率が高いという事は、その企業は「働きやすい環境」ではないだろう。

 

僕は転職を焦るあまりに、これに該当する企業に転職してしまった事がある。

 

なぜ、離職率が高いのか入社してすぐにわかった。

一言で言うとブラック企業なのである。

 

だから、頻繁に求人広告を出している企業を極力避ける事・・・・

 

これが、転職を成功させるポイントの一つだ。

【ブラック企業 体験記】僕が体験してきた事 全て実話です!!

スポンサーリンク

給与明細の時間外保障には気をつけろ!!

最近の日本の労働環境は大幅に改善されたのだろうか?

もちろん、週休二日で、有給もしっかりと消化できる企業も増えたと思う。

 

だが、以前として、労働時間が長く、時間外手当がしっかりと支給されない会社は多く存在する。

だから、転職する企業がそういった企業でないかどうかは十分に気をつけなければならない。

 

仮に、ハローワークを経由して就職した場合でも例外ではない。

なぜなら、ハローワークの求人情報には、労働基準法の範囲内でしか、記載ができないからだ。

すなわち、実際の労働時間が【1日10時間勤務、時間外手当なし】であっても、その通りの内容では書かれていないのである。

 

だから、自分の身を守る為には面接の際に、労働時間、休日、時間外手当についてはしっかりと確認する必要がある。

そして、一番気をつけてほしいのは、給与の支給項目に【時間外保障】という名目がないかどうかだ。

この【時間外保障】というのは、時間外労働手当をあらかじめ、この項目によって補っているという意味のものだ。

 

時間外手当は本来は、その労働時間によってといて計算されるものであるから、その性格上正しくはないのだが、今はグレーゾーンとして扱わてれいる。

 

だから、面接の際には、給与項目にこの項目がないかを確認してほしい。

もし、この項目があったのならば、僕はこの企業への転職はお勧めしない。

 

もちろん、企業側にとっては、都合のいい話だ。

なぜなら、ひと月の人件費を労働時間に関係なく固定的に考えることが出来るからだ。

だが逆に勤務する側にとっては全く厄介なものだ。

 

最初からその手当以外の項目を低く抑え、総支給額を決めれば、実質は時間外手当をゼロとして考えられるからだ。

 

そうなってしまっては、働く側にとっては何もいい事はない。

kakitsubata / Pixabay


転職に役立つおすすめ情報サイト運営、転職支援15年以上のジキルさんがまとめた比較表。
評判の良い転職サイト、転職エージェントの特徴がまとまっている。

 


転職サイト・転職エージェントおすすめ早見表より

社員のほとんどが勤務年数が短い

転職活動を行っていると気になる企業も出てくるだろう。

そして、大部分の企業が一次審査に書類選考を行う。

 

この書類選考に中々通らない人も多いと思う。

僕もそうだった。

 

だから、書類選考をパスし面接まで進んだ時はとても嬉しいと思う。

そして、いざ面接になると、企業側からは自社のデメリットになる事は決して言われないものだ。

 

この様な流れとなるので、十分に注意しないと、面接をパスすると、すぐにその企業に決めてしまう危険性がある。

 

特に

・現在の職場が嫌で転職先を早く決めたい人

・転職活動が長い人

・書類審査をパスした回数が少ない人

 

上記の人は、「良い企業に転職したい」という思いより、「現在の職場を早く辞めたい」という思いの方が強くなってしまう為、気を付けてほしい。

 

人によって、良い企業、悪い企業の概念は様々だろう。

ただ、社員のほとんどが勤務年数が、2~3年と具合に短かい場合は、その企業は「長く務めることが難しい」と言える。

 

だから、面接の際には、職員の勤務年数については絶対に質問してほしい。

これも、転職を失敗しない為のポイントである。

 

 

転職を成功させることは本当に難しいと思う

なぜなら、「今の職場が嫌だ」という思いが強いと、冷静な思考が出来なくなるからだ。

 

また、転職には、パワーを要する為、長くなってくると「早く決めたい」という思いが湧いてくる。

 

だから、転職を考えている方は出来るだけ冷静に進めてほしい。

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.