40代のオッサンのブログ

【仕事】転職を考える必要性とは?自分の価値を知る為に・・

2019/08/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

転職する事は決して悪い事ではない。

むしろ、転職を考えるのは、向上心のある人なら当然だろう。

だが、【安定性】を望むのならば、転職はしない方がいい。

 

なぜなら、【転職】には、リスクが伴うからだ。

 

個人として、優れた能力があっても、その企業の社風に馴染めないという事もある。

それは、実際に入社しないとわからないものだ。

 

だが、そのリスクを冒してでも、自分の能力を高めたい人には転職をお勧めしたい。

 

僕は数回転職をした。

もちろん、失敗したこともあったが、今となっては転職をして良い経験をしたと思っている。

 

ここでは、転職をおすすめする理由をまとめてみた。

スポンサーリンク

新しい自分に気が付くことが出来る。

転職すると、同じ職種でも、今まで経験したことがない仕事を任せられる事がある。

誰もが、慣れるまで苦労するはずだ。

 

だが、同時に自分の能力に気が付くチャンスでもある。

 

これは、同じ会社で勤めていると中々ない事だと思う。

もしも、転職した事で、新たな自分の能力に出会えたらなら、それだけで転職は成功したと言えるだろう。

 

なぜなら、その職場を退職する事になったとしても、自分の新たな強みを知った事は大きなプラスになるからだ。

 

誰でも、得意な仕事、苦手な仕事がある。

 

そして、多くの人が本当に得意な仕事に出会う事ができないまま、一生を終えてしまうような気がする。

それは、僕も同じだ。

 

たとえ、今の仕事が自分の能力を最大に発揮できると思っていても、それはほとんどが思い込みだろう。

 

自分の能力に気が付くチャンスが、転職をお勧めする一つの理由だ。

【30代の転職】 成功する為に必要な、たった3つのポイント!!

スポンサーリンク

上司が変われば全てが変わる

今の職場で自分が思っている程、評価されていないと感じる人は多いだろう。

むしろ、評価されていると感じている人は少数だと思う。

 

確かに正当に評価されることは難しい。

だが、上司が変われば評価は180度、変わってくる。

 

逆に言えば、今まで評価されていても、転職した途端に評価されない場合もある。

 

それは、サッカーの日本代表をみても明らかだ。

 

監督が代われば、代表に選出される選手も戦術も変わるのだ。

だが、サッカーの日本代表では、誰が監督になっても必ず選出される選手がいる。

チームの柱と言うべき、圧倒的な力をもった選手だ。

 

この選手を目指すのが理想だろう。

 

なぜなら、その能力があれば、どこの企業に行っても通用するからだ。


転職に役立つおすすめ情報サイト運営、転職支援15年以上のジキルさんがまとめた比較表。
評判の良い転職サイト、転職エージェントの特徴がまとまっている。一見の価値あり!!


転職サイト・転職エージェントおすすめ早見表より

スポンサーリンク

馴れ合いを防ぐ為に

同じ会社に長年勤めていると、良い意味でも悪い意味でも慣れが出てしまう。

そして、慣れが出てしまうと、どうしても向上心を持ち続けるのが難しくなる。

 

これを防ぐ為に、公務員は転勤があるのだろう。

 

もちろん、長年勤める事を否定するつもりはない。

それは、立派な事だと思う。

 

だが、自分の能力や知識を向上させていきたいなら、転職が効果的なのも事実だ。

 

転職すると、一年間は、心身ともに恐ろしいほどに疲労するものだ。

それは、ほとんどが初めての経験になるからだ。

新卒で勤めたときの状態と言ってもかごんではないだろう。

 

だから、常に考えて行動しなければいけない為、苦労も多い。

だが、その分得るものも多い。

 

 

まだまだ、自分の可能性を広げ、能力を伸ばしたい人には是非転職をおすすめする。

今は日本も、転職が当たり前になりつつある。

だから、特に20代、30代の人にはどんどん、挑戦してほしい。

 

少し前までは、3回以上の転職回数があると、転職は難しい状況だったが、それも改善されつつある。

 

だから、日々努力していれば、きっとよりよい職場にたどり着けると強く思う。

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.