40代のおやじのブログ

【中学生】なぜ勉強しなければならないのか?

2019/07/02
 
中学生
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

どうして勉強しなければならないのだろう?

おそらく、中学生になれば一度は考える事だろう。

 

【将来の為】【自分の夢の為】に頑張っている人もいるだろう。

逆に、目的が分からず、勉強に身が入らない人も多いと思う。

 

全国に多くの中学生がいるが、勉強が好きな人はほとんどいないだろう。

そこで、勉強する理由についてまとめてみた。

スポンサーリンク

将来、給料の良い会社に勤める為

中学生が勉強する一番の目標は、高校入試である。

そして、よりレベルの高い高校に合格する事が目的となる。

レベルの高い高校に入ることが出来ると、その後の大学進学に有利になる。

仮に、大学に進学しなくても就職の時に選択の幅が広がるものだ。

 

最近では採用の際に【学歴より人間性】と強調している企業もある。

だが、以前として日本は学歴社会であることが現実なのだ。

だから、よりレベルの高い大学を卒業した人が、優良企業に入社することが出来る。

 

もちろん、高校から必死に勉強しても、挽回できるチャンスはある。

だが、その為にはかなりの努力が必要になる。

たしかに平均的な大学を卒業しても、運よく優良企業に入社できる場合もある。

それでも、他のレベルの高い大学を卒業した社員との差を埋めるのに苦労するものだ。

 

中学、高校のたった6年間勉強しなかった為に、過酷なブラック企業に勤める事になって良いのか?

その自分の姿を想像出来れば、勉強のやる気が出てくるはずである。

【地理の勉強方法】中学生の頭に入る凄い覚え方!!

勉強

スポンサーリンク

自分の夢を実現する為

中学生の時点で夢を持っている人はどれ位いるだろうか?

あったとしても漠然としている人としている人が多いのではないだろうか?

だが、将来夢が出来た時には、誰もが一度は実現させたいと思うはずだ。

その為の準備として必要なのが、勉強なのである。

 

もちろん、プロ野球選手やサッカー選手など勉強と直接関係がない職業もある。

だが、ほとんどは勉強と関係のある職業ばかりだ。

中学生の時から勉強しレベルの高い高校、そしてレベルの高い大学に進むことが夢の実現につながるのだ。

なぜなら、それが夢の選択肢を無限に広げるからである。

 

自分のなりたい職業はどの時点で見つかるかは人それぞれである。

だから、それが見つかった時に実現できる位置にいる事が大切なのだ。

中学生 授業を何倍も理解する!かんたんな予習の方法とは?

勉強が出来る様になる為

中学校で勉強をせず、良い高校、良い大学に入ることが出来なくても資格を取る事が出来る。

だが、勉強をするクセがついていないと、いざ資格の勉強をしても中々進めるのが難しいものだ。

具体的には、毎日机に決まった時間座って勉強する事。

これだけでも、勉強をしてこなかった人には厳しいものだ。

 

また小学校、中学校で勉強をしていないと、効率的な勉強方法が身についていない。

もちろん、死に物狂いで勉強すれば、それらを跳ねのけ目標とする資格を取る事が出来るだろう。

だが、それにはかなりの時間が必要になる。

 

小学校、中学校で野球部に入っていた人は簡単にキャッチボールが出来ても、経験が無い人は難しいのと同じ事なのだ。

中学校で勉強をするのは、【勉強が出来る様になる】のも理由の一つなのである。

中学生 すぐに覚えられる暗記法! 苦手を克服するためのおススメ!

 

勉強をしなければならない理由・まとめ

勉強をするのは決して楽しいものではない。

だが、楽しくない事をするからこそ、将来につながるのである。

中学生の方々は「勉強以外の所で評価してほしい」そう思う人も多いだろう。

だが、それが一番難しい事なのだ。

そして、社会に出れば【学歴社会】が待っているのは、紛れもない事実である。

 

最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

この記事をご覧の方は、こちらも多く読まれております。

【中学生 定期テスト】100%の力を出す為に3日前からするべき事とは?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.