40代のおやじのブログ

久保建英 サッカー日本代表 彼の一体どこが凄いのか?

2019/08/18
 
久保建英
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

いま、日本サッカー界で最も期待されている男!(2019.8)

それが、久保建英である。

 

久保は2019年7月に、FC東京からレアルマドリードへ移籍になったのだ。

レアル・マドリードといえば、あのフランスのジダンも所属していた世界一の名門クラブである。

かつて、ジダン、ベッカムなどが所属したスター軍団である。

その強さから【銀河系軍団】と呼ばれている。

 

久保はジダン監督の意向により、Bチームのカスティージャの所属となりトップチームの昇格を目指すことになる。

だが、プレーシーズンマッチでの活躍を目にした他のチームからレンタル移籍のオファーが届いている。

8月に入ってからは、元ブラジル代表ロナウドが会長を務めるバリャードリーへの加入が噂されている。

ロナウドといえば、1998年に行われたフランスワールドカップでMVPを獲得したスター選手である。

そのロナウドのチームが獲得に動いていると言う事は、彼に認められたと言う事だ。

 

さらに、ジダン監督は久保の残留を強く望んでおり、「久保はレアルの未来だ」と発言している。

なんとも凄い話である。

 

久保建英が現時点ではどのチームでプレーするか分からない(2019.8.16)

だが久保選手はスペイン語を話すことが出来る。

その為、どのチームに所属してもプレーに集中することが出来るだろう。

 

久保選手は2019.6月に行われたコパアメリカ大会の日本代表メンバーに選出された。

この大会は、南米を中心としたブラジル、アルゼンチンなどのチームが参加する大会である。

結果として日本は1勝も挙げる事は出来なかったが、久保選手はその才能を世界に知らしめた。

 

久保選手は10歳からバルセロナに渡り、高く評価された事から知名度は抜群である。

では、彼のどこが一体凄いのだろう?

ここでは、

  • 彼の経歴
  • プレースタイル
  • メンタル

以上の3点から、その凄さをまとめてみた。

スポンサーリンク

久保建英の経歴

2009 FCバルセロナキャンプでMVP
2011 FCバルセロナ下部組織に入団
2015 FC東京下部組織に入団
2017 FC東京とプロ契約を結ぶ
2018 横浜F・マリノスレンタル移籍
2019 FC東京に復帰
2019 日本代表に選出

久保選手は、10歳からスペインでプレーしている。

だが、FCバルセロナの18歳未満、外国人選手の獲得という問題があり、帰国を余儀なくされる。

仮に、その問題がなければ今も海外でプレーしていただろう。

そしてFC東京とプロ契約を結ぶことになる。

さらにはJリーグでの活躍が認められ、2019.5に待望のA代表入りを果たす。

鈴木武蔵 サッカー日本代表の新たな可能性を創る男 その魅力に迫る

スポンサーリンク

久保建英のプレースタイル

久保建英選手のプレースタイルは、主にチャンスメーカーである。

ポジションでいうと、トップ下の位置が最も当てはまるだろう。

あえて例えるならば、香川選手のプレースタイルに近い。

 

ドリブルで相手を抜く事も出来るし、決定的なパスを出すことも出来る。

決定的なパスを出せる要因は、ボールを受けたときに顔を上げ、周りを見ているからだ。

これは簡単な様に思えるが出来る選手は少ない。

なぜなら、周りをみるという事は、その間ボールから目を離すと言う事になるからだ。

 

つまり、その前のボールコントロールが正確でなければ、その時間が生み出せないのである。

あの中田英寿選手も、ボールを受けたときに必ず周りをみていた。

また、この周りを見る能力が、ドリブルにも表れている。

 

それは、ドリブルのコース取りが良い事だ。

具体的には、相手を背をうようなコースをとるのである。

これはロシアW杯で2得点を挙げた、乾選手が得意なプレーだ。

 

また、久保選手はシュートの精度も抜群に高い。

久保選手はシュートを打つ時に【ゴールを決める事】ではなく、【ボールをしっかりとらえる事】を意識しているそうだ。

これにより、余計な力みが抜け、しっかりと強いシュートが打てるのだろう。

 

さらに、久保選手は既に日本トップレベルのフリーキックを打つことが出来る。

まだまだ、体が成長する年齢なので、近い将来、日本の新たな武器になるだろう。

【オリンピック サッカー日本代表】 オーバーエイジ枠の選出と歴史  

サッカー

久保建英の強靭なメンタル

久保選手は2019シーズンは試合にコンスタントに出場している。

だが、2018シーズンは所属するFC東京でほとんど試合に出場していなかった。

そこで、出場機会を求めた久保選手は長谷川監督に直訴し、横浜F・マリノスの期限付き移籍を決めたのだ。

当時17歳という年齢で監督に直訴するのは、なかなか出来る事ではないだろう。

そのメンタルの強さは、10歳からスペインという、日本から遠く離れた国で磨かれたものだと思う。

 

また、久保選手は試合中も他の年上の選手への指示を出す。

もちろん、試合になれば年齢は関係ない。

だが、年齢による縦社会が残る日本で、このような事が出来るのも、スペインでの経験があるからだろう。

久保選手の活躍が、2020年東京オリンピックの日本代表の結果を大きく左右する事は確かである。

 

最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

この記事をご覧の方は、こちらも多く読まれております。

堂安律!次元の違うテクニック!2019アジアカップ 日本対ベトナム戦 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.