40代のオッサンのブログ

岩淵真奈かわいい!代表のエースは兄がサッカーを始めるキッカケ?

2019/10/09
 
岩淵真奈
この記事を書いている人 - WRITER -

日本代表女子サッカー、通称【なでしこジャパン】

このチームのエースが岩淵真奈選手だ。

彼女の持ち味は切れ味鋭いドリブルである。

また、視野の広いパスを出す事も出来る。

 

2018年にヨルダンで行われたアジアカップでは大会MVPに選出された。

岩淵真奈選手の魅力は、その実力だけではない。

かわいいルックスも多くのファンを魅了している。

そんな岩淵真奈選手がサッカーを始めるキッカケとなったのが、2歳年の離れた兄の存在だ。

小学校の時には、同じクラブに所属していた。

ここでは、岩淵真奈選手についてまとめてみた。

スポンサーリンク

岩淵真奈選手の兄・岩淵良太選手について

岩淵良太選手は現在(2019.10)J3の藤枝MYFCに所属している。

ポジションはミッドフィルダー、利き足は右足の選手である。

元々は岩淵真奈選手と同じ、フォワードの選手だった。

 

2008年にはJ1、J2のチームが参加するJリーグユース選手権で得点王に輝いている。

兄弟そろって、ゴール感覚に優れた選手なのだ。

小学校の時に一緒に練習した技術は、どこか似ているところがあるのだろう。

堂安律!次元の違うテクニック!2019アジアカップでみせた実力とは?

スポンサーリンク

岩淵真奈・日本代表での活躍

2010年、岩淵真奈選手が16歳の時にA代表に初めて選出された。

16歳での代表選出というのは凄まじい記録だ。

なぜなら、男子の日本代表最年少記録は17歳だからである。

 

ちなみに、あの久保建英でさえ18歳の時にA代表に選ばれたのだ。

さらに、岩淵真奈選手は代表に選ばれただけでなく、ゴールも記録している。

2012年にはワールドカップドイツ大会に出場し、優勝に大きく貢献した。

 

2015年、2度目のワールドカップであるカナダ大会に出場。

2018年、女子アジアカップでフル出場し大会MVPに選出される。

いまや、なでしこジャパンのエースに成長した。

久保建英 サッカー日本代表 彼の一体どこが凄いのか?

スポンサーリンク

岩淵真奈選手のまとめ

なでしこジャパンの試合を見ていると、岩淵真奈選手をすぐに発見する事が出来る。

それは、一人だけ動きが違うからである。

特に、ドリブルはスピードがあり、切れ味も鋭い。

 

だから外国人選手が反則をしなければ、止める事ができないのだ。

当然、岩淵真奈選手は倒されてしまう。

だが、何度でも起き上がる。

その歯を食いしばって起き上がる姿は、キュートで可愛らしいのだ。

 

抜群のテクニックに、誰もが羨む可愛らしさ!

岩淵真奈選手はこの2つを兼ね備えている。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.