40代のおやじのブログ

【松本人志】お笑いだけではない 男気あふれる行動とは?

2019/08/18
 
松本人志
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

「宮迫です」・・・あのポーズはもう見られないのか?

蛍原との絶妙なコンビはもう見られないのか?

スポンサーリンク

2019.7.20 反社会的勢力から金銭を受け取ったとして、吉本興業から謹慎中だった、宮迫さんと、田村亮さんが記者会見を行った。

吉本興業ではなく、個人で行っただけあって、その内容は生々しいものだった。

おそらく、2人の会見に嘘偽りはないだろう。

なぜなら、全てを投げだす覚悟がそこにあったからだ。

 

会見を開き、自らが所属していた事務所を批判して、得をする事は無いだろう。

それは、吉本での復帰の可能性をゼロにすることなのだから・・。

この問題は、金銭の受取について宮迫さんがウソをついたことが、大きなポイントになってしまった。

さすがに、世間も騙されなかったのだ。

 

そして、金銭の受取について正直に話すように、宮迫さんに指摘していた人物がいる。

それが、ダウンタウンの松本人志さんだ。

松ちゃんは、「正直に話すように」と宮迫さんに伝えていた。

だが宮迫さんに、その想いは届かなかった。

サンドウィッチマン M-1 敗者復活から優勝できた理由とは?

松ちゃんはワイドナショーで、宮迫さんが金銭を受け取っていた報道に対し、目頭を赤くしてコメントしていた。

本当に驚いた。

たしかに、松ちゃんと宮迫さんは、数多くの番組で共演している。

だが数多くいる後輩の一人に、ここまで親身になれるのは凄いと思う。

 

「当たり前だ」

そう思う人もいるだろう。

だが、自分の会社の周りを見渡してほしい。

松ちゃんの様に、親身になってくれる人がいるだろうか?

ここまで男気あふれるひとはいるだろうか?

そう松ちゃんは【お笑い】だけではないのだ。

 

また、ビートたけしさんも二人の謝罪会見を見て、「可哀そうだ。事務所がおかしい」と痛烈に批判している。

そして、その言葉以上に表情は怒りに満ちていた。

事務所は違っても、後輩の憔悴した姿に感じるところがあったのだろう。

【北野武】唯一無二の圧倒的な存在感・・その凄みとは?

一方の松ちゃんは、2人の会見を受け、ツイッターで「松本・・・動きます」と発信。

そして、その日のうちに松ちゃんは吉本興業の社長と会談を行ったのだ。

このスピード感が凄い。

時間を置いてしまえば、世間の意見が風化してしまうものだ。

本当に流石としかいう言葉しかない。

 

さらに会見の翌日、21日のワイドナショーを急遽生放送に切り替えるという、離れ業をやってのけた。

もちろん、生放送の提案は松ちゃん以外かもしれない。

だが番組の主役は松ちゃんなので、本人の了承を得られなければ実現できなかっただろう。

吉本興業の社長との話し合いでは、会社内に「松本興業」を立ち上げ、問題を起こしてしまった芸人を受け入れる事も提案したという。

そして宮迫と亮が再び社長と会談出来る様に、話をまとめたのだ。

なんという【男気】だろう。

TVの世界でこのような人を見た事がない!

 

 

これは、松ちゃんの「笑い」という「仕事」に対するプライドはもちろんの事、後輩達を守るという行動ではないのだろうか?

 

社会では、一定の富と地位を得ると、勘違いしてしまい上から物事を捉える人も少なくない。

だが、ダウンタウン松本人志は間違いなく、そういった人物ではないだろう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.