40代のおやじのブログ

地震 停電になった時に本当に必要なものとは?

2019/01/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

僕は札幌市に住んでいる。

先日、地震の際には、数日間かの停電を経験した。

この経験は、初めてだった。

正直な所、札幌は災害が比較的少ない地域なので、今までは何かを備蓄する事を意識していなかった。

だが、今回の地震による停電を経験し、その意識は変わった。

ここでは、低電になった時に、本当に必要だと感じた物を挙げてみたい。

スポンサーリンク

明かり

電気がないと当然夜は何も見えなくなる。

それがなくても、停電になると不安な気持ちになるが、になるが、暗さはより一層その気持ちを増長させる。

だから、電池で明かりを照らす事の出来る器具が必要だ。

これは、絶対に備えておきたい。

また、それらを使うための電池も必要だ。

 

僕は、地震が起きたときに、勤めている小売店で働いていたが、電池はすぐに売り切れとなった。

 

地震による停電でなければ、ロウソクも十分電気を照らす必需品になる。

 

ただ、地震の時には、火事の原因になるので、使わないで欲しい。

jniittymaa0 / Pixabay

 

スポンサーリンク

情報

停電になると、普段情報源としている、テレビを見る事ができない。

 

だから、情報をとるためには、携帯電話、ラジオが必要になる。

 

今は携帯電話が主流となるだろう。

 

携帯電話で情報は十分にとることが出来る。

 

ただ、停電時には電話をかけたり、何かと携帯電話の充電を消耗するものだ。

 

それを避ける為に、電池で充電できる器具を是非買っておいて欲しい。

 

実際に、札幌で起きた地震の際には、大手の携帯会社が充電用に用意した店舗では行列が出来たそうだ。

 

また、普段車からの充電をしている人も多いと思う。

 

これも、有効な手段だが、ガソリンも消耗するものだ。

 

そして、札幌はその影響もあり、ガソリンスタンドはどこも行列が出来ていた。

 

また、携帯電話にも落とし穴があり、インターネットが全くつながなない時間もあった。

 

これらを考慮すると、携帯式のラジオを備えておくことが必要だと思われる。

食料

食料に関しては、保存がきくカップラーメン、災害用のパン、などが必要不可欠になってくる。

 

それは、冷蔵庫が使えなくなるからだ。

 

だから、カップラーメン、インスタントラーメンは必需品となる。

 

また、オール電化の家に住んでいる人は、お湯を沸かすことも出来なくなるので、ガスコンロが必要となる。

 

そして、カセットボンベは多めに買っておこう。

 

これらも、いざ停電になってから購入しようとしても、手にするのは難しい。

 

札幌でも、地震が起きたあとは、どの店でも売り切れになっていた。

 

オール電化の人は十分に注意してほしい。

 

 

今回の北海道の地震で初めて長期にわたる停電を経験し、災害の恐ろしさというものを知った。

今回の災害で僕よりも何倍も大変にあっている人も沢山いる。

本当に心が痛む。

 

今の技術では、予知できない災害があるのが現実ならば、それに対する備えはしっかりとしていきたいと思う。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.