40代のオッサンのブログ

【経理の仕事とは】ここを抑えれば大丈夫・・・予習編

2019/08/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

「経理なんて、決まった事をするだけだろう」そう思っている人も多いだろう。

だが、決してそんな事は無い。

 

多くの企業には経理という部署はあるだろう。

僕は、今まで主に経理として働いてきた。

 

経理といっても、企業により業務内容は多少違う部分はあるが、共通している部分もある。

 

ここでは、経理として15年以上勤務した経験から、共通している経理の仕事をを紹介したいと思う。

 

新卒として経理の仕事に就く人や、転職して初めて経理の仕事に就く人。

少しでも参考になればと思う。

スポンサーリンク

毎日のデータの集計

今は、各店舗ごとの売上などのデータが自動的に集計されたり、労力を割かなくてもいい部分が増えた。

だが、それ以外にもデータの集計が必要な会社が多いだろう。

 

この業務は決して難しくはない。

具体的には、納品書などを見て、その数値をソフトや、エクセルに打ち込むだけだ。

 

ここで必要なのは、エクセルの知識である。

あまり、エクセルを使用した経験が無い人は、勉強する事をお勧めする。

【ビジネス】仕事が出来る人とは?その共通する特徴とは何か?

スポンサーリンク

経理の月次決算

月次決算とは、簡単にいうと、月別に決算を行っていくことだ。

これを、行うためには、日々の売上、仕入、などの仕訳を会計ソフトに打ち込んでいく必要がある。

 

この業務に必要なのが、簿記の知識だ。

 

簿記の知識がないと、仕訳をする事が出来ない。

 

だから、簿記の知識がない人は、勉強して見に付けよう。

日本商業簿記3級程度の知識は最低限、必要になってくる。ひとつの目安にしてほしい。

仕事 経理の初心者が覚えるべき4つのポイント

経理の請求業務

請求業務とは、請求書を発行する業務の事だ。

この業務については、専用のソフトを使用している場合がほとんどだろう。

 

請求業務は、会社の売上とも直結する大事な業務なので、すぐに担当する事はないだろう。

この業務に必要なのは、とにかく正確さだ。

 

なぜなら、間違えてしまうと、そのまま請求書がお客様に届いてしまうからだ。

それは、信用を落とす事にもなる。

 

経理の支払業務

支払業務とは、仕入を行った会社にお金を支払う業務である。

この業務は簡単に言うと、請求書が届いたものを支払うという事だ。

支払うだけと言うと簡単に感じるだろう。

 

だが実際は、かなりの労力を使う業務である。

それは、経理として、届いた請求書が正しいかどうかを確認するからだ。

それを確かめる為に、ソフトや、エクセルに入力してデータの集計を行う。

 

これも経理の仕事の一つである。

仕事 飲み会で困った時の話題はこれだ!盛り上げるためには!

決算業務

この決算業務は、経理にとって最も大事な業務だ。

最終的には、税務署に提出する、貸借対照表、損益計算書を作成する。

会社により、税理士に依頼している範囲が違うので、場合によっては、決算内訳書なども作成する。

 

そして、決算を行う時期が、経理にとって一番忙しい時でもある。

 

月次決算を行っているのに、なぜ忙しくなるのか?

そう考える人もいるだろう。

 

もちろん、月次決算を完璧に行っていれば、それは正しい意見だろう。

だが、実際は後で確認すると、勘定科目の間違いや、仕訳の漏れなどがあるからだ。

 

また、決算の時期だけに行う、減価償却の処理なども加わってくる。

決算書を作成できるまでになれば、経理としては、平均以上の実力がある。

 

経理と聞くと、専門的な印象を受ける人が多い。

確かに、そういった部分もあるが、ほとんどの場合は最初はそれらの仕事を担当する事はない。

だから、あまり身構えずに仕事をしてほしい。

そして、必要な部分はどんどん、勉強していこう。

その努力は、確実に将来大きな差を生むものだから・・・・・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.