40代のおやじのブログ

【部下とのコミュニケーション】大事な3つのポイント!!

2019/01/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

会社に就職し、自分の力が認められ立場が上になると、給料もアップし、やる気も上がるだろう。

それと同時に部下が出来る。

部下が出来ると、仕事の内容は大幅に変わってくる。

 

それは、今までは自分個人が仕事を行うだけだったのが、部下の管理という仕事が加わるからだ。

 

ましてや、課長以上の管理職になると、部下の管理がメインの仕事になる人も多いだろう。

 

自分が部下だった頃は、上司が楽に見えた人もいると思う。

でも実際にその立場になると、部下の方が楽だったと感じる人も多いはずだ。

 

そして、部下のマネージメントは、個人での仕事とは全く異なるものだ。

 

だから、平社員の時には優秀だった社員が、管理職だと全く機能しない事も往々にしておきる。

 

その部下をマネージメントする上で最も大事なのは「コミュニケーション」をしっかりと取る事だと言えるだろう。

 

それが出来なければ、部下のマネージメントは出来ないはずだ。

 

ここでは、僕が実際に行ってきた、部下とのコミュニケーション方法を具体的に紹介したい。

 

 

スポンサーリンク

とにかく毎日会話を交わそう

単純な事だが、毎日部下と会話をするようにしよう。

 

「そんなの当たり前だ」そう思う人もいるだろう。

 

だが、ここでの会話は仕事以外の話をしてほしい。

 

これは案外難しいものだ。

 

例えば、猫を飼っている部下なら「猫元気かい?」とか、釣りが好きな部下なら「最近は何が釣れるの?」など何でもいい。

 

また、元気がない社員がいたら、「体調大丈夫か?」などもいいだろう。

 

積極的に話しかけよう。

 

これは、毎日行うのは案外大変なものである。

 

実際に行うためには前の日にしっかりと、考えておかなければ無理だろう。

 

相当な労力を使うものだ。

 

だが、しっかりと実行出来れば、部下との距離は近づくはずだ。

 

そして、あなたがしっかりと「部下の事を見ている」事が伝わるだろう。

 

それが伝われば、部下との最高のコミュニケーションとなる。

 

なぜなら、部下の立場だと、自分がしっかり上司に見てもらえているか不安に思う人が多いからだ。

 

だから上司はしっかりと見ている事を伝える必要がある。

スポンサーリンク

メールはダメよ

現代は仕事において、メールをは必要不可欠なものになっている。

 

だが、メールにも良い面ばかりではない。

 

前に働いていた会社の上司は、どんな指示もメールで行っていた。

 

いつも、【会話が出来る距離】に座っているのにだ。

 

僕や、同僚の仲間はこのやり方に対し、良い印象を持った人はいなかった。

 

上司の立場からすると、指示を出した内容が記録として残り記録として残り、自分の手の空いた時にメールを送れるので、とても楽だと思う。

 

だが、部下からは決していい印象はもたれないし、指示の内容も詳細までは伝わらないものだ。

 

なぜなら、メールで指示を受けた事は、部下がその内容の確認を取りたい場合、メールでの返信になる事が多いからだ。

 

そして当然、メールでのやりとりは、口頭で行う場合よりも、圧倒的にお互いの意思の疎通が難しくなるものだ。

 

だから、上司がメールで指示を出すと言う事は、【上司の時間的メリット】以外に良い面はないのである。

 

【メールでコミュニケーションをとってはいけない】声を大にして言いたいと思う。

http://aki0316.com/post-807

指示を出す時は、部下の所まで自分が下りて行こう

「なぜ指示通りにできないんだ」 上司なら誰もが一度はこの様な思いをしたことがあるだろう。

 

だが、自分が平社員の時を思い出してほしい。

 

指示通りに仕事を進めたつもりが、上司の意図する方向性とずれていた経験はないだろうか?

この場合、原因は上司がしっかりと理解できる指示を出していなかったと言えるだろう。

 

もちろん、部下が曖昧な部分を、自分なりに解釈して仕事を進めてしまったかもしれない。

だが、それも指示を出した上司の責任である。

 

上司は、指示を出す時には部下の立場までしっかりと降りる事が大事だ。

そして、仕事が進む途中でも、部下にしっかり確認し、コミュニケーションをとる必要がある。

 

そうする事で、部下も上司に相談しやすくなるのだ。

 

これを意識しないと、自分でしっかり伝えたと感じていても、それは自己満足にしかならない。

 

機械的に指示を出しても、自分の意図する通り仕事を進める事の出来る部下は、少ないだろ。

 

ここでも、大事なのは部下とのコミュニケーションである。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.