40代のおやじのブログ

スムーズに転職する為に準備する事!最も大事な3つのポイント

2019/05/06
 
仕事
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

転職活動を行い、やっとの思いで転職先が決まる。

だが、いざ転職となると予定していた日に退職できずに、転職先に入社する時期が遅れてしまう。

転職前に、しっかりと準備をしなければ、こうした事態も起きかねないのだ。

 

転職先への入社が遅れれば、初めから悪い印象を持たれる。

これだけは、避けたいところだ。

だから、

  • 退職の意思を伝えてから、どの位の期間で辞められるか
  • 有給の残日数
  • 引継書の作成

この3点が、スムーズに転職する為に最も大事な3点だ。

 

ここでは、自らの経験をもとに、それぞれの進め方についてまとめてみた。

スポンサーリンク

時間に余裕をもって退職届を出そう

転職を成功させる為に、今の会社をスムーズに退職しする事が大切だ。

理想は退社日が、あまり転職先の入社日と期間が空かない方が良いだろう。

だから、今の会社で退職届を出してから、どの位の期間で退職できるかを確認しておくべきだ。

 

もちろん就業規則には、1カ月と書かれている企業がほとんどだろう。

だが、中小企業であれば、就業規則の通りに退社できるとは限らないのだ。

 

もちろん最終手段としては、無理やりにでも退職できるが、あまりおススメはしない。

なぜらなら、退職届を出してからの仕事にとてもストレスを抱える事になるからだ。

 

では、どうやってその企業の退職迄にかかる時間を調べればいいのか?

それは、「先輩に聞く」これに限る。

だが、「辞めようと思うのですけど」と正直に話してはいけない。

 

なぜなら、その先輩から情報が洩れる事があるからだ。

退職の意思は、噂で経営者に伝わると上手くいくものも、そうでなくなってしまう。

だから退職の意思は自分から経営者に、最初に伝わるように注意しよう。

仕事 転職の失敗のリスクを最小限にする方法!!

スポンサーリンク

退職日を設定したら、有給の残り日数を確認しよう

皆さんは、現在有給が何日残っているか把握しているだろうか?

10日以上残っている人も多くいるだろうと思う。

それどころが、ほとんど消化していない人もいると思う。

 

退職の意思を伝える前に有給休暇の日数を確認しよう。

そして、最終出勤日の後に、残りの有給休暇を全て消化する様にするのだ。

具体的には、退職日から有給休暇の日数を逆算して、最終出勤日を決めるのだ。

 

もちろん、転職までの時間的な余裕がない場合は難しいだろう。

そうであれば、2~3日でも取得するべきだ。

 

退職時に、有給休暇を消化する事に前例がない企業もあるが、労働者の権利なのでしっかりと主張しよう。

なぜなら、今の会社を退職してから転職先に入社するまでに、少しでも休む期間があった方がいいからだ。

その休暇はあなたの新天地での、スタートダッシュを後押ししてくれるパワーの源になる。

 

だから、多少嫌味を言われても有給休暇の取得をしっかり主張しよう。

有給は次の職場には繰り越せるものではないのだから・・・・・

 


転職に役立つおすすめ情報サイト運営、転職支援15年以上のジキルさんがまとめた比較表
評判の良い転職サイト、転職エージェントの特徴がまとまっていまる。一見の価値あり!


転職サイト・転職エージェントおすすめ早見表より

転職前に引継ぎ書を作成しよう

転職が決まり、退職日が決まれば変わりの人材を募集する企業も多いだろう。

だが、良い人材がすぐに見つかるかはわからない。

だから、短い時間でもスムーズに引継ぎが行えるように【引継書】を作っておくことが大切だ。

 

引継ぎ書の作成する上では

  • 毎日、少しずつ作っていく事
  • 出来るだけ細かく説明する事
  • 難しい言葉を使わない事

以上が大事なポイントになる。

ポイントは、採用される人があまり経験が無い人でも、理解できるように作成する事だ。

 

引継ぎ書の作成は、自分が既に分かりきっている事を、丁寧に書かなければならないので面倒くさい。

だが、引継書を作成した方が、引継ぎにかかる時間は少なく済む。

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.