40代のおやじのブログ

少年野球 試合に勝つためにキャッチャーが大事な理由とは?

2019/04/27
 
少年野球 キャッチャー 大事
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

野球というスポーツにおいて、ピッチャーが一番大事なポジションなのは、誰もが知っている事だ。

だが、少年野球においては、キャッチャーもピッチャーと同じくらい大事なポジションだと思う。

それは、少年野球では盗塁が多いからだ。

盗塁を阻止できるかどうかは、キャッチャーの実力にかかっている。

 

簡単に盗塁されるようだと、試合展開がかなり不利になってしまう。

 

また、ピッチャーのボールをしっかりと捕球する事も大事だ。

ワンバウンドの投球を、後ろに逸らしてしまっては簡単にランナーに進塁されてしまう。

キャッチャーは目立たないが、その名の通り守備の要なのだ。

 

ここでは、少年野球におけるキャッチャーの大事さについてまとめてみた。

少年野球 キャッチャー

スポンサーリンク

ボールを捕球出来なければ試合にならない

どんなチームでもピッチャーを任される選手はある程度の運動神経、肩の強さを備えているものだ。

なかには、ピッチャーだけが、飛びぬけて上手なームもある。

 

こういったチームは、ピッチャーが抑えて、打つといった二刀流をする事が出来れば、勝つことが出来るように思うだろう。

だが、実際は、一人だけが飛びぬけていると、キャッチャーがピッチャーのボールをとる事が出来ないという事が起きる。

 

もちろん、それだけのスピードボールであれば、バッターも簡単には打つことは出来ない。

だが、野球には振り逃げというものがある。

キャッチャーがボールを後ろに逸らしてしまえば、バッターは打つことが出来なくても、簡単に一塁までいけるのだ。

 

さらに、ランナーが出てしまえば、キャッチャーのミスがある度に次の塁に進まれてしまう。

「そんなキャッチャーは滅多にいないだろう」・・そう思うかもしれない。

だが、ピッチャーのボールを、しっかりと体でブロックし、ボールを後ろに逸らさないキャッチャーは少年野球ではあまり見る事ができない。

 

だから、ピッチャーのボールを【逃げずに取る事】が出来るキャッチャーがいれば、ピッチャーは安心して投げる事が出来るのだ。

もちろん、簡単ではない。

 

キャッチャーは、防具を付けているが、体の全てをガードしている訳ではない。

直接ボールが腕などにあたる事もある。

もちろん、とても痛い。

だから、キャッチャーには【逃げない勇気】が大切だ。

 

これが、試合に勝つためにキャッチャーが大事な理由の一つである。

 

【少年野球】キャッチボールの大切さ・・上達する為に!!

少年野球 キャッチャー

NibbleNutz / Pixabay

スポンサーリンク

少年野球では盗塁されては試合にならない

少年野球の特徴のひとつとして、キャッチャーの肩が弱いと、簡単に盗塁されてしまう事だ。

 

簡単に盗塁をされると試合に勝つことは難しくなる。

なぜなら、一塁にランナーがでたら、二塁に自動的にランナーが進んでしまい、場合によっては三塁にまで、盗塁されるからだ。

 

そしてノーアウト三塁、ワンアウト三塁という場面を作られると、内野ゴロやスクイズといった方法で点を取られてしまう。

こういった展開では、勝つことが難しくなるのは想像できるはずだ。

 

だから、キャッチャーの肩とボールを捕球してから投球までのスピードが大事だ。

 

肩を強くするためには、【シャドーピッチング】が効果的だ。

ただし、キャッチャーの構えからセカンド送球する動作で行おう。

この時、タオルや、砂の入ったペットボトルを使ってほしい。

 

またキャッチャーが捕球してから、すぐにセカンドに送球する為には【ボールをしっかりと握る事】がポイントになる。

これがとても難しい。

素早く出来る様になるには練習が必要だ。

 

是非、自宅でも練習してほしい。

具体的には、まず構えた体勢からボールを上に投げる。

そして捕球してすぐにボールを握るのだ。

これを何回も繰り返してほしい。

 

また試合では、イニング間のセカンド送球は、集中して行おう。

なぜなら、相手の選手は、そのキャッチャーの肩の強さ、コントロールを集中してみているからだ。

 

そこで、「これは、なかなか走れないぞ」と相手チームに思わせたらしめたものだ。

 

当然相手チームは、積極的に盗塁を仕掛けてこなくなる。

 

あとは、相手が初めて盗塁を仕掛けてきたときが、勝負の時だ。

盗塁を仕掛けてくるタイミングで、思い切ってウエストしてしよう。

 

そして、何とかアウトにするのだ。

たとえ、アウトに出来なかったとしても、タイミングが微妙であれば、次からは、なかなか盗塁を仕掛けてこなくなる。

 

これが出来れば、勝利がかなり近づくだろう。

 

【少年野球】ショートになる為に必要な4つのスキル!!

一番仲間が見えるキャッチャーだからこそ

野球では、キャッチャーだけが、他の野手と逆の方向を向いて守っている。

 

だから、誰よりも皆の表情を見る事が出来る。

 

ピッチャーにサインを出すのもキャッチャーだけだ。

守備の要とよく言われるが、本当にその通りだと思う。

特にピッチャーに対しては、女房役といわれるだけあって、様々なサインをおくるアプローチが出来る。

 

例えば、ノーアウト満塁になった時、少年のピッチャーが正常な精神状態を保つのは難しいだろう。

いやプロ野球選手でも難しいかもしれない。

 

そんな時、声を掛けたり、モーションでピッチャーを鼓舞できるのはキャッチャーだけだ。

 

そんな、キャッチャーの支えがあってこそ、ピッチャーはいい投球ができる。

だから、少年野球において、キャッチャーはとても大事なポジションなのだ。

 

最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

「こちらの記事をご覧になった方は、この記事も読まれています」

少年野球 ピッチャー 上手くなる為に必要な3つの事とは?

 

<あっきーオススメのアプリです>

封神ヒーローズ

封神ヒーローズ
開発元:Rekoo Japan CO., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.