40代のおやじのブログ

ジャイアンツ 交流戦の成績とペナントリーグの関係性とは?

2019/08/18
 
ジャイアンツ
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

プロ野球ファンにとっては、6月になると、いつもとまた違った楽しみが増えるのではないでしょうか?

 

そう交流戦が始まるからだ。

ペナントリーグでは対戦する事のない、セ・リーグとパ・リーグのチームが対戦するのはまた一味違う楽しみがある。

その中の一つにはDH制があるのではないだろうか。

普段DH制で打席に入る事のない、パ・リーグのピッチャーの打撃を見る事ができる。

さらにセ・リーグではDH制がある事で、スタメンで出場する野手を一人増やすことが出来るのだ。

 

またセ・リーグでは投手に打席が回ってきた時に、代打を送り交代するが、DH制では、そういった交代がないのだ。

そして一番の交流戦の醍醐味は、交流戦前のペナントの成績があまり反映されない事だ。

つまり、交流戦前に不調だったチームが、交流戦で調子を取り戻す事が往々にしてあるのだ。

逆に、ペナントで調子が良かったチームが調子を落とす場合もある。

 

ペナントリーグを制する為には、交流戦の成績が大事になってくる。

ここでは、ジャイアンツの交流戦とペナントリーグの結果をまとめてみた。

スポンサーリンク

交流戦の成績とペナントリーグの関係性

ここでは、ジャイアンツの成績を【交流戦前】【交流戦】【ペナントリーグ】に分けて表にしてみた。

また、成績は貯金もしくは借金の数字で表してある。

年度 交流戦前成績 交流戦成績 ペナント成績 ペナント順位
2013 +12(2) +3(1) +31(7) 1
2014 +3 +8 +21(1) 1
2015 +6 -4 +8(1) 2
2016 0(3) 0 +2(3) 2
2017 -3 -6 +4(3) 4
2018 -1(1) -2 -4(5) 3

*( )の数字は引き分け

上記の様に、2014~2018において交流戦で貯金を作る事ができた年は、巨人は優勝を果たしている。

逆に、貯金を作れなかった年は全て優勝を逃している。

 

もちろん、一概には言えないが、ひとつの要因としては交流戦においてパ・リーグがセ・リーグを圧倒した点が挙げられる。

それはセ・リーグのチームは交流戦において貯金を作ることが出来れば、他の球団は自然に順位を落としていくからだ。

ジャイアンツが優勝する為には、交流戦で貯金を作る事がひとつのカギとなりそうだ。

原巨人はなぜ強いのか?誰もが真似できない3つの事とは?

スポンサーリンク

交流戦のセ・リーグとパ・リーグの対戦成績

年度 セ・リーグ パ・リーグ
2014 70 71
2015 44 61
2016 47 60
2017 51 56
2018 48 59
260 307

2014から2018の対戦成績を見ると、驚くべきことにセ・リーグが勝ち越した事は一度もない。

それどころか、5年間のトータルでは、約50勝ち越しを許している。

1年にすると10に当たる。

この数字を見て明らかなとおり、2014~2018はパ・リーグがセ・リーグを圧倒しているのだ。

 

これはなぜなのだろう?

パ・リーグがDH制に慣れているからだろうか?

いや、パ・リーグはDH制なしの、セ・リーグの野球に慣れていないので条件は同じだろう。

ただ、【9人目の打てる打者を育てている】と考えれば、パリーグに分があるのも納得できる。

どちらにしても、2018以前の対戦成績を見ると、交流戦でのパリーグの優位が続くと考えられる。

MVP男 読売ジャイアンツ 丸選手はなぜファーボールが多いのか?

東京ドーム

交流戦とペナントのまとめ

交流戦は、普段対戦しない相手との為に、お互いに持っているデータが少ない。

だから監督の手腕がより重要になるだろう。

その中で、セリーグはDH制をどう上手く使っていくかがカギとなる。

そして、ジャイアンツは過去5年のデータからをみると、貯金することが優勝の【絶対条件】となっているのだ。

 

それだけに、ジャイアンツは交流戦でどの様に戦うかが、ペナントレースを争う上で大事なポイントになるだろう。

 

最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

この記事をご覧の方は、こちらも多く読まれております。

2019 読売ジャイアンツ 坂本勇人 覚醒の秘密とは?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.