40代のおやじのブログ

【少年野球】子供を応援する為に必要な4つの道具!!

2019/07/01
 
少年野球
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

みなさんは少年野球の試合を応援をする時、道具を使っているだろうか?

もちろん、何も用意しなくても応援が出来る。

 

ただ、応援する為にあった方が良いものがいくつかある。

僕の息子は3年間少年野球をしていた。

少年野球の公式戦は、土日に行われるため、仕事が休みの時はよく応援に行った。

祖父なども応援に来てくれたものだ。

 

その時の経験を基に、応援のする時に必要な4つの道具をまとめてみた。

スポンサーリンク

応援するには椅子(折り畳み)が必要

少年野球は試合時間が、試合時間は1時間30分程度ある。

立って応援する事も出来るが、一日2試合ある時などは結構きついものだ。

ここで、欠かせないのが、「椅子」である。

 

だから持ち運びに便利な折り畳みの椅子を用意しよう。

また、暑い日は水分補給も必要なので、ペットボトルなどを置く穴が開いている物が使い勝手がいい。

自分のチームがチャンスの時は、立って応援している人もいるが、椅子は絶対に用意しておいた方が良い。

祖父や、祖母、友達が見に来てもいいように、多めに用意しておくのがいいだろう。

 

椅子は、少年野球で選手を応援するのに必要な道具のひとつである。

【少年野球】初めてのグローブ・・失敗しない選び方!

スポンサーリンク

メガホンで効果的に応援しよう

これは、自分のチームが攻撃の時に必須の道具である。

掛け声をかける際に「メガホン」を使うのと、そうでないのとでは、声の響きがまるで違う。

慣れないうちは、使うのが少し恥ずかしいが、すぐに慣れるので安心してほしい。

 

また、掛け声だけでなく、チャンスの時には叩いて音を出すこともできる。

得点を奪った時などは、どんどん盛り上げよう。

 

強豪チームになると、チーム用メガホンを揃えているところもある位だ。

 

「メガホン」でしっかり選手を応援し、チームの士気を高めてあげよう。

メガホンも少年野球を応援するのに必要な道具のひとつだ。

【少年野球】低学年でもヒットが打てるバッティングとは?

少年野球

KeithJJ / Pixabay

簡易的な双眼鏡があると便利

少年野球の試合は、地区の予選大会などは、小学校や公園など簡易的なグラウンドで行われる事が多い。

 

だが、地区大会の決勝戦位になると、本格的な球場で試合が行われる。

 

その様な球場では、当然選手との距離が遠くなる為、肉眼ではハッキリと見えない事もある。

 

そんな時、簡易的な双眼鏡があれば便利である。

双眼鏡は、安いもので十分だ。

 

選手から、遠い場所しか確保できない事もあるので是非用意してほしい。

【少年野球】子供が喜ぶ、人気のあるお弁当はこれだ!!

試合のビデオを撮って見直そう

試合をビデオで撮影し、見直すのも大事である。

どんなに優れた選手でも、試合の中には反省するプレーがあるものだ。

試合を撮影する場所は、バックネットからの撮影が一番良い。

ただ、試合会場によっては、そこから撮影できない場合もあるので注意しよう。

 

そして試合後に自宅で、子供と一緒にビデオを見よう。

そうする事で、子供が試合を具体的に振り返ることが出来る。

また、気になったプレーがあれば指摘してあげるのが良いだろう。

ただ、一番は良いプレーに対し、褒めてあげる事が一番だ。

それも、子供にとっての嬉しい応援のひとつの応援になる。

まとめ

少年野球は、実際にプレーするのは子供だが、選手の配車など親の協力がとても必要なものである。

その分、試合になっても、選手より親の方が熱中してしまう・・・なんて事もある。

せっかく応援するのであれば、ここで挙げた道具を用意し効果的に応援しよう。

観客席からの応援は子供の耳には届くものである。

当然、選手も応援されると力を発揮するものだ。

この光景も少年野球ならではの、素晴らしいものだと思う。

 

この記事をご覧の方は、こちらの記事も読まれております。

少年野球、良い掛け声、悪い掛け声

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.