40代のおやじのブログ

【少年野球】ピッチャー バッターのタイミングを外すテクニックとは?

2019/08/18
 
少年野球
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

少年野球でピッチャーを任されている皆さん。

試合の時に、バッターのタイミングを外すことを心がけていますか?

 

野球ではタイミングというのが、特に大事な要素になってくる。

なぜなら、バッターはタイミングを合わせることが出来なければミートする事が出来ないからだ。

特に、少年野球では変化球が禁止されているため(リトルリーグを除く)タイミングの重要度は高くなる。

もちろん、誰にも負けないようなスピードボールがあれば、バッターを抑える事が出来るだろう。

ただ、そうでなくてもバッターのタイミングを外し、抑える事は可能なのだ。

その為のテクニックをここで紹介したい。

スポンサーリンク

投球までの間隔を変えよう

バッターはピッチャーがセットポジションに入ると、集中力を最大限に高めるものだ。

そして、そこからスイングまでのタイミングを計る。

だから、セットポジションから投球までの間隔が一定だと、とてもタイミングが取りやすいのだ。

 

ピッチャーはこれを防がなくてはならない。

具体的には、一人の打者に一度は違うタイミングで投球してみよう。

それだけで十分に効果があるものだ。

全てのボールが同じタイミングだと、少しくらいのスピードボールでもバッターにとっては打ちやすい球になってしまう。

セットポジションから投球までの間隔を変える事が、タイミングを外すテクニックの一つである。

【少年野球】ピッチャーが習得すべき、外角低めのストレートの秘密

スポンサーリンク

クイックを有効に使おう

ピッチャーがランナーに盗塁されない為に使うクイックモーション。

これは、バッターのタイミングを外すのに有効な武器である。

突然、クイックで投球されたバッターは面を食らってしまうだろう。

注意しなければいけないのが、クイックモーションで投球してコントロールを乱してしまう事だ。

これでストライクが入らなくなっては元も子もない。

だから、使い過ぎには十分注意しよう。

 

4番などの中軸のバッターに使うといいだろう。

一度クイックモーションで投球すると、バッターにはそのイメージが残る為、タイミングを外すにはとても有効だ。

スローボールを使えるならば、クイックでスローボール。

または、クイックでスピードボールを投げると投球の幅が広がるだろう。

 

クイックモーションは、バッターのタイミングを外すのに有効な手段である。

少年野球 ピッチャー 上手くなる為に必要な3つの事とは?

少年野球

けん制を上手に使おう

けん制球は、ランナーに対して行うものである。

だが、バッターのタイミングを外すのにも有効である。

なぜなら、ピッチャーがセットポジションに入ると、バッターは集中力を高める。

 

だが、そこでけん制をされると、バッターはまた仕切り直しになるのである。

だから、ランナーがいる場面で、強打者を迎えたらけん制を行った方がいい。

打つ気満々でバッターボックスに立ったバッターの集中力をそらすことが出来る。

また、いい当たりのファールを打たれた後も、けん制を行おう。

 

けん制球は、バッターのタイミングを外すのに有効なテクニックのひとつである。

【少年野球ピッチャー】バッターに打たれないピッチングとは?

少年野球

バッターのタイミングを外す・まとめ

どんなに力があるバッターでも、タイミングを外す事ができればボールをミートする事は出来ない。

これは、プロ野球選手でも同じである。

だから、少年野球のピッチャーにはバッターのタイミングを外すテクニックを身に付けてもらいたい。

 

それは、スピードボールよりもバッターを打ち取れる技である。

セットポジションでボールを持っている時間を変え、クイックモーションで投球することが出来れば、簡単に打たれる事は無いだろう。

プロ野球選手は150kmをスタンドに放り込むことが出来る。

だが、90kmのカーブで打ち取られる事もある。

これは、そのボールの前に、スピードボールを投げていたからだ。

 

少年野球では、これほどスピードに変化はつけられないだろう。

だが、クイックなどのテクニックを使えば、同じ事は十分可能なのだ。

最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.