40代のおやじのブログ

【少年野球】レギュラーになる為に・・・やるべき3つの事とは?

2019/07/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

少年野球に入団した小学生が最初に挫折する事?

それは、レギュラーになれなかった時だろう・・・・

試合に出ることが出来ず、ベンチで応援するのは辛いものだ。

親としても何とかレギュラーにさせたいと思うだろう。

 

僕の息子も、少年野球をしていた。

 

その時の監督から、聞いた話だが、レギュラーを外した子供の親から「何でうちの子が・・」という電話が来ることもあるそうだ・・・

 

もちろん、それはいけない事だ。

だが、親としての気持ちは分からなくもない。

 

また、選手本人も「レギュラーになりたい」と強く思っているだろう。

 

僕だってそう思う。

 

少年野球のチームでは、抜群に上手い人がピッチャー、その次がキャッチャー、サード、ショートという形でポジションを割り振られる。

 

だから、正直な話、いきなり補欠からピッチャーを目指すには厳しい面がある。

だが、僕が見てきたチームでは、だいたい3人くらいが補欠の選手とそれ程、実力の違いがないと感じた。

 

だから、簡単に言えばその3人を追い抜けばレギュラーになれるのだ。

 

もちろん、選手により生まれ持った肩の強さ、足の速さ、運動神経の違いはある。

だが、それ以外の部分でも練習の努力でいくらでも、カバーできる所がある。

 

そして、自分より上手い人を追い抜いてこそ価値があるのではないだろうか?

 

ここでは、それを3つに絞りまとめてみた。

スポンサーリンク

レギュラーになる為にリードをしっかりとろう

少年野球では、塁に出たときにリードをしっかり出来る選手が少ない。

 

特に、試合になると、驚くほどリードが出来なくなる。

 

これは、練習中に意識する事で、絶対に上手くなるポイントだ。

しっかりと、自分がアウトにならないリードの大きさを見に付けるのだ。

 

これが、出来るだけでも監督にかなりアピールできるだろう。

 

なぜなら、リードをしっかり出来れば、相手のピッチャーの集中力を妨げることが出来る。

 

また、当然の事だが、リードをしっかり出来ている時と、出来ていない時では、次の塁に到達できる時間が変わってくるのだ。

これには、足の速さは全く関係ない。

 

だから、リードは重要なのだ。

 

リードについては、相手投手が投球モーションに入った時には、さらに大きくリードする様に心がけよう。

 

野球の基礎ではあるが、少年野球で、これがしっかりと出来ている選手をあまり見たことがない。

 

だからこそ、是非マスターしてほしい。

 

もしも、チームで自分一人しか、それをマスターしていなかったらレギュラーの座がぐっと近づくはずだ。

 

それは、そういった部分は必ず監督、コーチがしっかりと見ているからだ。

【少年野球】入団時に必要な5つの道具の選び方・・・・・・・

 

スポンサーリンク

ボールを後ろに逸らしてはいけない

守備の練習をする場合、一番ベストなのは、難しいボールもしっかりと捕球出来る事だ。

そして、一番悪いのは、打球から目を離すタイミングが早く、簡単にボールを後ろに逸らしてしまう事だ。

 

なぜなら、実際の試合で、外野の選手が簡単にボールを後ろに逸らしてしまったら、その度に得点を取られてしまうからだ。

 

だから捕球出来なくても、しっかりとボールを見て前に落とすことが大事だ。

 

これは、その意識をしっかりと持つことにより練習で上手くなる部分だ。

守備の際には、後ろに逸らさない事を、強く意識して練習してほしい。

少年野球でレギュラーになるには、大事なポイントである。

少年野球 ピッチャーになる為に必要な3つの事

レギュラーになる為に誰よりも声を出そう

少年野球

KeithJJ / Pixabay

試合中に、声を出すことはとても大事だ。

それは、攻撃、守備、どちらの場面でもだ。

 

「そんなの誰でも出来るだろう」そう思う人もいるかも知れない。

 

だが、しっかりと、試合に集中していなければ、声を出し続ける事は出来なものだ。

だから、補欠であったとしても試合に入っている必要がある。

 

また、声を出すことは、チームの士気をあげるのはもちろんだが、自分自身が試合に集中するのにとても役に立つ。

野球では、外野を守っていると、一試合で数回しか守備の機会がない事もある。

 

だから、集中力が途切れやすい。

 

そこで、一球一球に集中し、声を出すことが大事になる。

そうする事で、打球への反応が一歩早くなるだろう。

 

また、チームの士気にもとても影響してくる。

 

これも、レギュラーになる為に、大事な事だ。

少年野球では、肩が強く、足も速い優れた選手も数多くいる。

 

だが、強豪と言われるチームでも、その様な選手ばかりではない。

レギュラーになる事が出来ない日々が続けば、やる気もなくなってくるだろう。

 

でも、諦めないで欲しい。

 

まだまだ、レギュラーに慣れるチャンスは絶対にある。

 

ここで挙げたことが、少しでも、その役に立てれば幸いです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.