40代のおやじのブログ

江川卓の凄さ!【唯一無二の記録】と【鋼の精神力】とは?

 
江川卓
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

ダイナミックなフォームから放たれる剛速球。大きく曲がるカーブ。

かつて高校野球には大谷翔平、松坂大輔など怪物と呼ばれる選手が生まれてきた。

 

だが、【怪物】という言葉に一番ふさわしいのが江川卓だろう。

なぜなら、江川卓が成し遂げた記録が、他の選手の比ではないからだ。

また江川といえば、ドラフト時の【空白の一日】で巨人入団時に世間から大バッシングを受けている。

 

だが、江川はそのバッシングにも耐え、期待通りの活躍を見せる。

そう、彼は剛速球だけでなく、鋼の精神力をもっているのである。

ここでは、江川卓の唯一無二の記録と、鋼の精神力についてまとめてみた。

スポンサーリンク

剛速球とカーブ

江川と言えば160km出ていたともいわれる剛速球が代名詞だ。

さらに大きく曲がるカーブ。

この2つの変化球だけで打者を手玉に取ってきたのだ。

それは高校野球だけでなく、プロに入ってからも同じである。

これは、今であれば考えられない事である。

 

なぜなら、プロの投手であれば、少なくても3~4種類の変化球をもっているからである。

球種が少なければ、当然打者に狙い球を絞られやすい。

そんな不利な状況で数々の記録を成し遂げてきたのである。

 

江川は、フォークに挑戦したことがある。

だが、【指が短くて投げれなかった】らしい。

もし、フォークを投げることが出来たら、より勝ち星を重ねていただろう。

巨人 菅野投手・・日本一のピッチャーと言われる理由とは?

スポンサーリンク

高校時代の記録

高校時代の江川卓が成し遂げた記録は、一言でいうと【マンガ】である。

それは公式戦でノーヒットノーラン9回、完全試合2回、さらには36イニング連続無失点という信じられないものだ。

36イニング連続無失点というのは、4試合通じて1点も失点していないと言う事だ。

また、ノーヒットノーランもさることながら、完全試合というのは高校野球でも滅多に達成される記録ではない。

それを2回も成し遂げていると言うのだから、いかに凄いかが分かるだろう。

 

これらの記録が語られる時、よく「金属バットではなかったから」という意見がある。

だが、それはほとんど関係ない。

なぜなら、江川と対戦するチームはバットを短く持ち「とにかく当てる」を徹底された事も多いからだ。

さらには、打つ事を諦め【バントの練習】だけを徹底した対戦相手もいるのだ。

つまり、【バットに当たらない】【バントも出来ない】という状況だったのである。

だから、打者のバットうんぬんのレベルではないのだ。

 

また、江川卓の絶対に破られないであろう唯一無二の記録がある。

それは、都道府県予選大会、被安打2という記録である。

これも、とてつもない記録である。

 

江川卓は、この記録を達成した時は計5試合戦っている。

そのなかで浴びたヒットがたった2つなのである。

これは今後破られる事のない記録だろう。

巨人 元木コーチ 非凡な野球センスと意外な3つの顔とは?

高校野球

鋼の精神力

江川卓が大学から入団する時代は、まだ逆指名制度が導入される前だった。

その結果、希望していた巨人ではなく、ライオンズが交渉権を獲得する。

だが、江川は入団を拒否。

翌年のドラフトに備え、アメリカに1年の留学をする。

 

そして、ドラフトの2日前に帰国する。

そこで何と巨人と電撃契約を結んでしまうのだ。

これは巨人側がドラフトの2日前に、ライオンズの交渉権が失われるという主張で行われたものだった。

だが、ドラフト当日に巨人の手法に反発した4球団が江川を指名。

 

結果的に阪神が交渉権を得る。

その後、巨人がドラフト会議の出席を拒否。

さらにはドラフトの無効を訴える。

結局は「一度阪神に入団してから、すぐに巨人にトレードをする」という前代未聞の形になった。

 

これが有名な「空白の一日」である。

いくら凄い投手とは言え、一人の選手に球団がここまで動くとは今では考えられない事だ。

それだけ、【江川卓】という選手が偉大だったのだろう。

 

だが、江川は世間のバッシングを受ける事になる。

それはチームメイトからも同様だった。

さらには、ペナルティとして開幕から2カ月の出場停止。

この時点で相当な心理的なダメージがあっただろう。

【怪物】だとはいえ、20代の一人の若者だ。

その苦しみは他の人にはわからないだろう。

 

だが、その苦しみを乗り越え1年目9勝、3年目には20勝を挙げる活躍を見せる。

世間からの雑音を、自らの実力で打ち消したのだ。

この逆境の中でも力を発揮できるのが、江川卓の凄い所である。

江川卓は剛速球と同じくらい価値ある、鋼の精神力をもっているのだ。

斎藤雅樹 ジャイアンツのミスター完投! そのピッチングの凄さとは?

プロ野球

江川卓の凄さ・まとめ

江川卓の凄さは、

  • バントすら出来ない剛速球
  • 高校時代の唯一無二の記録
  • 逆境をはねのける精神力

以上の3点である。

今後、プロ野球の世界には江川卓以上の【怪物】は現れないだろう。

なぜなら【剛速球】をもっていても、【鋼の精神力】を併せ持つのは、不可能だからである。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.