40代のおやじのブログ

イチロー9人のチームと大谷9人のチームではどちらが強いのか?

2019/05/09
 
野球
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

もしも同じ選手が、9人揃ったらどのチーム。
すなわちどの選手のチームが強いのか?

 

北野武さんは、これに当てはめ良い選手を評価するという。

もちろん、現実にはあり得ないチームだが、考えるだけでワクワクする。

たが、全てのポジションをこなせそうな選手は意外にも少ない。

 

北野武さんは、ミスターこと長嶋茂雄さんと、イチローを例に出していた。

ここに、一人加える事の出来る日本人選手が出てきた。

それは大谷翔平選手である。

何といっても、現実に二刀流で結果を残している。

では、イチロー9人のチームと、大谷翔平9人のチームではどちらが強いのか?

僕は、それでもイチローが勝利すると思う。

その根拠について、様々な面からまとめてみた。

なお、イチロー選手は安打記録を更新した時の状態。大谷選手は、2018年シーズンの時の状態とする。

野球

KeithJJ / Pixabay

スポンサーリンク

内野

内野の守備に関しては、イチローが優っているだろう。
肩の強さは両者譲らず。

だが守備範囲の広さではイチローに分がある。
特に、ショート、セカンドなどの俊敏さが要求されるポジションでは、外野手として培われた打球反応でイチローが勝るだろう。
ただ、身長が高い選手が適するファーストは大谷選手の方が適しているだろう。

スポンサーリンク

外野

外野手も、もちろん本職のイチローに分がある。
大谷も日ハム時代に外野手を守っていたが、守備範囲ではイチローには及ばない。

ただ、イチローの代名詞レイザービームは、大谷も使えることは間違いない。

【プロ野球 桑田真澄】の本当の凄さは?

ピッチャー

ピッチャーは、もちろん大谷が勝る。

その速球もさることながら、変化球も一流であることをメジャーで証明してみせた。
一方、イチローもピッチャーとして甲子園出場を果たしている。

また、メジャーでもピッチャーとして登板し、146kmのストレートを披露し、メジャーリーガーを驚かせた。

だがいまやメジャーでも投手としての実力を証明した大谷投手。

流石のイチローでも、大谷相手では3割をキープする事は難しいだろう。

野球休場

pogo_mm / Pixabay

走塁

単純な足の速さならさほど違いがないだろうが、打ってからの一塁到達にかかるタイムはイチローの方が速い。

バットにボールが当たってから、走り出すまでが速いのだ。

そのスピードが、あの内野安打を可能にしたのた。
また、盗塁でも、タイトルを獲得した事もある、イチローに分がある。

長打の大谷、単打のイチロー

もっとも、大事な打者としてどうなるか?

打者としては、ピッチャーとして本職の大谷選手を相手にするイチローが分が悪い。

だが、大谷もイチローがピッチャーをしても、4割を超える打率や、毎試合ホームランを打てる訳ではない。

 

それは、野球というスポーツが打者が圧倒的に不利なスポーツであるからだ。

そしてイチロー選手であれば150キロ近いスピードボールと2.3種類の変化球を使いこなせるはずだ。

コントロールについては、外野からの送球を見ると容易に想像できる。

巨人 菅野投手・・日本一のピッチャーと言われる理由とは?

イチロー対大谷のまとめ

イチローと大谷の対戦では、イチローがシングルヒットと盗塁で攻めるのに対し、大谷は、ホームランを含めた長打で攻める事になると思う。

ホームランが出ると大谷が勝つ可能性が出てくるが、それよりイチローのシングルヒットが出る確率の方が高い。

なぜなら、イチローは、ミート出来なくても内野安打になる可能性が高いからだ。

一方の大谷は、大谷シフトからも分かるように、打球方向がライト方向に偏っている。

 

イチローがノーアウトから出塁すると、盗塁で、二塁に進まれるだろう。
そうなれば、送りバントで進塁打でワンナウト三塁。
あとは、外野フライか内野ゴロを打てれば一点が入る。

 

だから、大谷の実力をもってしても、イチローチームの方が強いと思うのだ。
この様に考えると、内野安打と盗塁という組み合わせは、派手さはないが実に効果的な攻撃だと言う事がわかる。

もちろん、この対決はテレビゲームの中でしか実現しないが想像しただけで楽しいものだ。

 

最後に、イチロー選手への敬意と、大谷選手の今後の活躍に期待したいと思う。

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

こちらの記事をご覧の方はこの記事も読まれております。

キャッチボール・・・・野球と会社に共通する多くの事!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.