40代のオッサンのブログ

【ターミネーターニューフェイト】・ジョンコナー(エドワード)の活躍が鍵を握る!

2019/10/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この作品が映画の概念を変えた。

 

そういっても過言ではない【ターミネーター2】

 

なんといっても、T2で描かれたCGの世界は、それ以前の作品とレベルが違いました。

 

さらには、引き込まれるストーリー。

 

ターミネーターシリーズは過去、何本も公開されました。

 

ですが、ターミネーター2の正式な続編として製作されるのは、2019年11月に公開になる【ターミネーターニューフェイト】です。

 

だから、ターミネーターファンなら見逃せない作品です。

 

ここでは、ターミネーターニューフェイトについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ターミネーター2のおさらい

1997年に起こる核戦争の事を知っている、サラ・コナーは精神疾患者として病院に収納されています。

 

その息子であるジョンは、母の主張を知りながらも、相手にせず、非行に走ってしまいます。

 

ました。そんなある日、10年前にサラ・コナーやジョンを襲ったターミネーター(T-800)が未来から送り込まれます。

 

そして、もう一体、サラ・コナーもジョンも知ならいターミネーター(T-1000)も現れます。

 

ジョンはあろうことか、その2体に同時に、見つかってしまうのです。

 

絶体絶命のピンチ・・そう思ったジョンでしたが、なんと命を狙おうとするT-1000からT-800が守ってくれたのです。

 

T-800は未来のジョンが過去の自分を守る為、頭脳の回路を入れ替え送り込まれたものだったのです。

 

やがて、スカイネットの元となるコンピューター素子の開発者を知った、サラ・コナーはその人物の殺害に向かいます。

 

ですが、結局殺すことは出来ず、研究材料を全て破壊する事に成功します。

 

そして、必要に迫ってくるT-1000を激闘の末、T-800は破壊します。

 

無敵に思えた、T-1000にどうやって勝利するのか夢中になってみていたのを思い出します。

 

結局は、溶鉱炉に転落させ勝利しました。

 

また、T-800自身も部品が残っていては、スカイネットの開発につながる恐れがある為、溶鉱炉へ自ら沈んでいきました。

デスノートTHE MUSICAL(ミュージカル)あらすじ と主題歌!

スポンサーリンク

ターミネーターニューフェイトの見どころ

リンダ・ハミルトンの出演

ターミネーター、ターミネーター2以降のシリーズに出演していなかったリンダ・ハミルトンがサラ・コナー役として復帰します。

 

これは、ターミネーターファンからみると、願ってもいなかった事です。

 

頭脳明快で、強いサラ・コナーはリンダ・ハミルトン以上の適任はいません。

 

彼女の復帰だけで、ターミネーターニューフェイトを見る価値があると言えるでしょう。

 

シュワルツェネッガーの運命

ターミネーター2で死んだはずのT-800(シュワルツェネッガー)

 

だが、ターミネーターニューフェイトでもT-800は登場します。

 

またもや、人類の心強い味方になってくれる・・・と思いきや、サラ・コナーから「すべて方付いたら、あなたを殺す」と言われてしまいます。

 

2人の間に一体何があったのか?

 

ターミネーター2では、自らの体を投げうってジョンを守り抜いた、T-800。

 

その献身的な姿に感動させられた人も多いでしょう。

 

今作でも、T-800がサラ・コナー達と協力する場面が見たいものです。

 

エドワード・ファーロングの復活

ターミネーターシリーズでは、欠かせないジョン・コナー。

 

何といってもジョン・コナーは人類のリーダーです。

 

そんなジョン役にターミネーター2で演じた、エドワード・ファーロングが復帰します。

 

エドワードといえば、ターミネーター2でのバイクシーンや、ハッキングシーンを思い出す人も多いと思います。

 

そして、透明感のあるマスクが印象的でした。

 

長い時を得て、どんなジョン・コナーを演じるのか?

 

ファンにとっては、これだけでも一見の価値があると思います。

【アナと雪の女王2】気になるオラフの声は誰だ?ピエール瀧からの交代!

スポンサーリンク

ターミネーターニューフェイトのまとめ

ターミネーターニューフェイトはアーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、そしてエドワード・ファーロングとターミネーター2のメンバーが勢ぞろいします。

 

これだけでも楽しみなのに、作品の内容がターミネーター2の続編ということで、大ヒット間違いなしでしょう。

 

28年という長い時を得て、どんな続編になるのかワクワクします。

 

そして、人類軍のリーダーであるジョン・コナー(エドワード・ファーロング)の活躍が、ターミネーターに勝利できるかどうかのカギになるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.