40代のおやじのブログ

甲子園 代表的な応援曲と吹奏楽部の知られざる苦労!

2019/07/02
 
甲子園球場
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

高校野球の代名詞ともいえる甲子園球場。

甲子園で行われる試合には、吹奏楽部による応援曲がつきものですね。

 

僕は、高校生の時に吹奏楽部に入っており、野球部の応援曲(甲子園ではありませんが)

を演奏していました。

吹奏楽部

 

野球の応援曲を演奏するのは、聞いているのとは違い、とても体力を消耗します。

なぜなら、攻撃が長く続けば、その分休みなく演奏する事になります。

そして、一番体力を消耗するのが、振り付けです。

 

演奏しながら、振り付けをするのは、とても大変な作業です。

1試合が終わると、唇がタラコの様になってしまいます。

 

ただ、自分の高校が勝利するとその疲れも吹っ飛びます。

 

そんな経験を踏まえて、演奏する曲の特徴と、演奏する側の気持ちも含めて、

ご紹介していきます。

スポンサーリンク

   狙い撃ち

この曲は、その題名の通り、チャンスの際に演奏されます。

そのテンポの良い曲調は、打者のバッティングにも良い影響が出る。

そう思いながら、演奏していました。

「センター前に狙い撃ち」そんな感じでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

サウスポー

この曲は、その内容が左利きのピッチャーなので野球の応援にピッタリです。

応援曲は、攻撃する時に演奏するのですが、相手のピッチャーがサウスポーだった時には、

演奏する方も、気分よく応援できます。

野球

 

ルパン3世のテーマ

誰でも一度は耳にしたことがあるこの曲。

高音のトランペットが奏でるサビの部分は、意識しなくても打者の気分が高揚する事は間違いありません。

その分、トランペット奏者は苦しい演奏になり、必死に演奏しています。

 

  必殺仕事人

トランペットのソロから始まるこの曲は、演奏が始まると周りの空気が緊張感に包まれます。

チャンス時に「真打ち登場」という場面に最適です。

具体的にはランナーを得点圏においた場面での、クリーンナップですね。

 

この曲は、トランペット奏者の技術が高くないと、しっくりきませんが、完璧に決まった時は他の曲とは、一線を隔すものがあります。

 ⇒高校野球と吹奏楽部の意外な関係性

アフリカン・シンフォニー

アフリカのの大草原たちで、アフリカの動物が超え高々に吠える。

そんな風景が想像される曲です。

この曲を演奏して応援している時は、野生の力で、力強く攻撃してほしいという思いを込めていました。

 

 

甲子園に出場する全国の強豪校には、吹奏楽の強豪校も多く名を連ねています。

そういった、背景があり、あの素晴らしい応援曲を聞く事が出来るのです。

 

僕は、中学校まで野球部に入部していましたが、応援曲を演奏してもらいプレーした事がありません。

ですので、想像でしかありませんが、立派な応援を受けた選手は、とても勇気づけられると思います。

 

甲子園をご覧になる際に、吹奏楽部の応援も少しだけ注目していただければ幸いです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2017 All Rights Reserved.