40代のおやじのブログ

野球の流れとは その正体に迫る

2019/05/13
 
野球
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

少年野球、プロ野球、高校野球、一口で野球といっても様々なものがあるが、全ての野球の試合を通じ、良く耳にする言葉がある。それが「流れ」だ。

「あの一球で流れが変わった」「あの一点で流れが変わった」など色々な使い方があるが、流れという言葉の正体は何なのか?

結論から言うとそれは「選手の精神的なもの」に他ならないと思う。

極端な話、「あの一球」は絶対にそれ以上でも、それ以下でもないはずだ。

 

ここでは、息子が少年野球をしていて、多くの試合を見た経験から、その流れの正体をおってみたい。

スポンサーリンク

大量得点の場面

大量得点のイニングがあった場合、その原因を一言で「流れ」という事が多い。

だが、冷静にそのイニングを振り返ってみると、ファーボール、野手のエラーが絡んでいることがほとんどだ。

そして、投手のファーボールが野手のエラーを呼び込んでしまっていることが多い。

投手がファーボールを連発してしまうと、野手はリズムを崩し精神的に冷静でなくなるものだ。

だから、その状態で守備を行うとエラーの可能性が普段より増してしまうのだ。

また、ピッチャーはそのエラーで精神的なダメージを負い、良いピッチングが出来なくなるという悪循環が生まれてしまう。

大量得点のイニングにはこういったケースが多く見られる。

【プロ野球 桑田真澄】の本当の凄さは?

スポンサーリンク

ピンチの後にチャンスあり

ピンチを凌いだ次の攻撃で得点した時も「流れが変わった」という表現を使う事がある。

この場合の「流れ」の正体は、選手の精神的な高まりだろう。

相手チームのピッチャーはチャンスの際に得点できないと少なからず、がっかりしているはずだ。

その投手を相手に、精神的に高まったバッターが立ち向かうのだから得点する可能性は高くなる。

また、守備をする野手もチャンスをつぶした後は、「しっかり抑えなければならない」という気持ちで体が硬くなり、エラーが起きやすいだろう。

これが、「ピンチの後にチャンスあり」の正体だと思う。

巨人 菅野投手・・日本一のピッチャーと言われる理由とは?

応援による後押し

ピンチを凌いだ後、良い投球で相手を抑えた後、ファインプレーが生まれた後、などに精神的に高まるのは選手だけでは限らない。

そのチームを応援する人々も同じ状態になる。

だから、当然応援する声も大きくなるものだ。

この応援は、自分のチームの場合には、気持ちが高まり、相手チームのものだと、全くの逆になる。

応援も、選手に与える影響は少なくないと思う。

 

 

いずれのパターンの「流れ」の正体も、全て選手の精神的なものから起こっている事は間違いない。

なぜなら、仮に気持ちを持たない機械が野球をプレーしたならば、決して「ピンチの後にチャンスあり」は起こらないからだ。

そこにあるのは個人の能力、連携などのデータから算出される確率によるプレーだけだろう。

 

確かに野球における「流れ」は選手の精神的な抑揚によって存在する。

だが、大事なのは全てを「流れ」で片付ける事ではなく、どうしてその「流れ」が起きたかを考える事が、勝利に繋がると思う。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.