40代のおやじのブログ

サンドウィッチマン M-1 敗者復活から優勝できた理由とは?

2019/05/13
 
サンドウィッチマン
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

敗者復活・・・・

様々な大会でそのルールが適用されるが、そこから頂点に上る事は簡単ではない。

それをお笑いの世界で可能にしたコンビがいる。

それが、サンドウィッチマンだ。

彼らはお笑いの日本一を争うM-1グランプリ2007年大会で、敗者復活から優勝を果たしている。

 

ではなぜ、彼らは優勝できたのか?

敗者復活から上り詰める事が出来たのか?

それは、彼らが謙虚で、自分たちを客観的に見る事が出来るからだ。

ここでは、

  • 尊敬しあう2人
  • 恋人と別れた過去
  • M-1挑戦の裏側

以上の3点に注目して、その理由をまとめてみた。

スポンサーリンク

尊敬しあう伊達さんと富澤さん

サンドイッチマンの2人は仲がいい。

いや、仲がいいというより、お互いを尊敬しあっている。

コンビ結成以来、大きなケンカは一回もないそうだ。

 

これは、中々ない事だろう。
夫婦であれば理想の形だ。正直言って、羨ましい。

その2人の関係が良くわかる言葉がある。

伊達さんは、富澤さんの事を

いつも、僕の何歩か先をみている男

 

一方、富沢さんは伊達さんの事を

テレビに出ているお笑い芸人より面白い

と高校の時に述べている。

この2人の信頼関係があるからこそ、あの絶妙な間、そして巧みな言葉で笑いをとる事ができるのだと思う。

好感度ナンバー1芸人 サンドウィッチマン 彼らが嫌われない理由!!

伊達政宗

スポンサーリンク

恋人を諦めた過去

伊達さん

伊達さんには、19歳から交際していた恋人がいた。
だが30歳になっても、サンドウィッチマンが売れない事が原因で、伊達さんから別れを切り出した。
彼女に貧乏をさせたくなかったからだという。
伊達さんは別れてから、しばらく笑えなかった。

男は恋人との別れをなかなか吹っ切れないものだ。

ましてや、そんな状態で人お笑いをするのは辛かっただろう。

だが、そこまでして、伊達さんは笑いに掛けていたのだ。
富沢さんという相方とともに。

富沢さん

富沢さんは東京に出てから、仙台との遠距離恋愛をしていた。

だが、24時間お笑いの事を考える事が必要と考え、別れる事を決意する。
24時間考えるというのは決して大げさではないと思う。

華々しくテレビで活躍している、お笑い芸人の様になる為には、その努力が必要なのだろう。

 

また、富澤さんは伊達さんが彼女と別れた事に、「自分がお笑いへの道に誘ったからだ」と感じたという。

サンドウィッチマン 寄付金額の秘密

M-1挑戦の裏側

アンタッチャブルの柴田さんから、M-1の決勝、一本目のネタをみた後に、「優勝おめでとうという」というメールが伊達さんの携帯に届いていた。

サンドイッチマンは、2005年から2007年まで、続けて準決勝進出を果たしている。
M-1で準決勝に進めるのは、50人余りだ。それに対し、参加者は4000近くにのぼる。
準決勝に進むだけでも、すごい事だ。

ただ、決勝進出した組だけがゴールデンタイムで生放送される。
だから、準決勝しただけでは知名度が上がらないのだ。

 

2007年のM-1で 決勝進出が叶わず、敗者復活戦に回ったサンドイッチマンは自分達が選ばれるとは思っていなかったそうだ。
そして、まさかの敗者復活に選ばれ、大井競馬場からテレビ局へ移動する事になる。

テレビ局へ向かう最中で東京ダイナマイトのハチミツ二郎さんから「行けるぞ優勝」というメールが伊達の携帯に届く。

 

ハチミツ二郎さんも、M-1グランプリに参加しており、サンドウィッチマンがと同じく敗者復活戦に回っていた。

だから、【サンドウィッチマンが選ばれた事=自分たちが選ばれなかった事】なのにすぐに応援できるなんて、素敵な人だと思う。

おそらく、普段の頑張りを見ていたからだろう。

また、伊達さんはハチミツ二郎さんと仲が良く、芸風などについて相談するらしい。

確かに、伊達さんは、ハチミツ二郎さんととても似ている。

サンドウィッチ

 

決勝では、勢いそのままに見事最高得点でファイナリストに勝ち上がる。

そして最後に選んだネタが、ピザ屋のデリバリーだ。

このネタは、サンドウィッチマンが100回以上披露している自信作である。

伊達さん曰く【寝てても暗唱できる】そうだ。

 

だが、このネタの最中、伊達のネタが飛んでしまう。
富沢さんは、【終わった】と感じたらしい。
だが、なんとか伊達さんがネタを思いだす。

このネタが飛んだ時間だが、コンマ1秒くらいだったという。

コンマ1秒なんて・・・・本当に緻密にお笑いを作り上げている事が分かる。

そして、見事にサンドイッチマンは、優勝する。

M-1で優勝してからも、伊達、富沢どちらも自分は変わっていないと言い切る。
そしてM-1で優勝しても、勝者ではないと言っている。

その謙虚な姿勢、客観的に自分たちを見る事が出来る能力が、敗者復活からの優勝を可能にしたのだと思う。

 

最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

【サンドウィッチマン】コンビ名の由来・結成秘話のまとめ!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.