40代のおやじのブログ

部下にホウレンソウをもらう為に!上司が気を付けるべき3つの事とは?

2019/05/21
 
報連相
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

管理職になったら、部下に求めることは何ですか・・・・

それは、報告、連絡、相談だと言う人が多いだろう。

ビジネス書では、上司をタイプで分けた場合、それほど求めないタイプもいると書いてある。

おそらく、その様なタイプの人もいるだろう。

 

だが、僕が今まで勤務した5社の上司は、みんな報告を求めるタイプだった。

上司がホウレンソウを求める一番の理由は、部下の責任は自分に降りかかってくるからだろう。

だから、上司は部下に対して、ホウレンソウがないと注意を受ける事になる。

だが、部下の立場から見ると、ホウレンソウをしない理由は上司にある場合がある。

 

上司は、ただ黙って座っていれば良い訳ではないのだ。

上司から、部下に報連相を取りにいかなければならない。

また、部下が報告しやすい環境を整える必要もある。

それを理解しなければ、いつまでたっても「ダメな部下だ」と嘆く事になるだろう。

 

ここでは、上司が部下から報連相をもらえる為に、注意すべき点4つにまとめてみた。

仕事

rawpixel / Pixabay

スポンサーリンク

部下が話しかけるスキを与える

部下は上司に報告をする際、気にしているのは、タイミングである。

例えば、いつも忙しそうにしている上司に、話しかけるスキがあるだろうか?

このタイプの上司は、報告をしようとしても、「忙しいから後で」と突き返される場合が多い。

だから、いつも余裕がなく、忙しそうにしている上司は報告等をもらえないのだ。

 

僕も管理職を何回か経験したが、本当に忙しいのだろうか?

いや、忙しいのだろう。

だが、部下からの報告をもらいたければ、スキを与える事が必要である。

「忙しい」ではなく「余裕がある」と見せなければならない。

それも、管理職の仕事のひとつだろう。

【仕事】課長の役割とは?その仕事が会社を大きく左右する・・・・

スポンサーリンク

上司から報告等をとりにいく

上司が椅子に座り、「報告がない」と何回いっても何も解決しない。

自分が指示した案件の進捗が気になったら、進んで声をかけるべきである。

そうする事で、部下も相談しやすくなる。

 

また、部下の中には、問題が進んだ段階で報告してくるタイプもいる。

このようなタイプにも普段から声を掛けていれば、早めに報告がもらえるだろう。

それは大きな問題を未然に防ぐこともなるのだ。

だから報告は部下から上がってくるものだと言う固定観念は捨て、上司から取りに行くことが大切なのである。

【仕事】尊敬される上司とは? 部下は悪い所を探す天才なのか・・・

部下とコミュニケーシンを意識的にとろう

あなたは部下と、どれ位コミュニケーションを取れているだろうか?

もちろん、規模にもよるが、部下の全員と毎日会話している人は少ないのではないだろうか?

コミュニケーションが取れていないと、部下は相談するのに、かなりのエネルギーを使わなければならない。

だから、コミュニケーションは上司と部下の間でとても大切なのだ。

 

毎日短い時間でもいいので会話を交わすことが大切だ。

スポーツの話、ニュースの話、なんでもいい。

話題に困ったら、「髪切った?」なんて聞いてもいい。

その一言で、部下との距離は近くなるのである。

仕事

rawpixel / Pixabay

ビジネス この言葉には要注意 隠された意味とは?

まとめ

部下から報連相をもらうというのは、上司が思っているより難しい事だ。

それを可能にするためには、部下に報告しやすい環境を作ってあげる事が必要だ。

それが出来れば、報連相をしてくるようになるだろう。

 

また、報連相を繰り返すたびに、信頼関係も生まれてくるものだ。

それが出来れば、部署内の仕事は何倍も円滑に回るはずである。

 

✔最後まで読んできただき、心より感謝いたします。

 

この記事を読まれた方は、こちらも多くご覧になっております。

【ビジネス】仕事が出来る人とは?その共通する特徴とは何か?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.