40代のオッサンのブログ

【ボウリングのコツ】初心者がストライクを取る投げ方とは?

2019/08/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

sharonang / Pixabay

みなさんは、ボウリングをプレーしたことがあるだろうか?

もし、まだプレーしたことがないのなら、一度はプレーしてみてほしい。

 

なぜなら、ボーリングは誰でも、気軽に楽しめるスポーツだからである。

 

得点に差は出るものの、ゴルフのように、初心者の人がいても、全体の進行を妨げる事もない。

 

そして、遊びでプレーする時は得点の優越はさほど気にならない。

 

また、年齢、男女問わずに一緒にプレーできる部分が特にすばらしい。

 

また、ルールも単純である。

ボールを投げてピンを倒す・・・それだけである。

 

運動神経にあまり自信がない人でも、コツを掴めばある程度のスコアを残すことも出来る。

 

彼女とのデートでいい所を見せたいのなら、お勧めのスポーツだ。

 

だから、会社の宴会の一次会としても最適だろう。

なぜなら、どの年代の人でも、ボウングはプレーできるからだ。

だが、あまりに下手だと恥ずかしい思いをしてしまう。

 

ここでは、ボウリングをあまりプレーしたことがない人の為に、ボーリングのコツについてまとめてみた。

これを実行すれば、150点のスコアをクリアできるはずだ。

スポンサーリンク

ボーリングはボールの選び方が大切

ボーリングをする時のボール選びはとても重要だ。

なぜなら、ボールの選択によってかなりスコアに差がでるからだ。

まずは重さから決めていこう。

選ぶときのポイントは、自分がちょうどいいと思うボールの一つ上のボールにする事だ。

理由は軽いボールだとスピードが出る代わりに、ボールが変化しやすいからだ。

変化してしまうと、狙った所に投げるのが難しくなる。

 

投球の時のわずかなズレで変化してしまうので、初心者には向いていない。

逆にボールが重いとスピードは遅くなる。

そのかわり、変化が少なくなる。

そして、ピンに当たった時に倒れやすくなるのだ。

だから、少し重いボールを選ぶのがストライクを取るコツの一つだ。

 

重さが決まったら、穴のサイズが合うボールを探そう。

この時のポイントは、少し緩めのサイズのボールを選ぶことだ。

一番いいのは、自分の指にフィットしているボールだが、それはマイボールを作らない限り難しい。

きつめのサイズを選んでしまうと、投げたときに上手くボールを離すことが出来ず、ボールが宙に浮いてしまう。

これはよくあることだ。

 

だから、少し緩めのサイズを選ぼう。

【ボウリング】あなたにも出来る!! スピード上達法とは?

スポンサーリンク

ストライクを狙うなら一番ピンに当てよう

ボウリングでは、各ピンに番号が決められている。

そして、ストライクを取るには一番ピンにボールを当てる必要がある。

一番ピンとは、一番手前に立っているピンの事である。

一番ピンにボールを当てなければストライクを取ることが出来ない。(ごくまれにストライクになる場合もあります。)

 

だから、ボウリングでは、このピンに当てる事が基本となる。

そして先頭にある一番ピンに当てる事が出来れば、ある程度のピンを倒すことが出来る。

 

一番ピンに当てるコツは、

  • ボールを八割程度の力で投げる事
  • 一番ピンの正面に立つ事
  • 投げる時に手のひらが一番ピンに対して平行になるイメージで投げる事

以上の3点である。

 

投げる時に、手首が曲がってしまうと、ボールは変化してしまう。

 

ボウリングではストライクを取るには、カーブボールが有効とされる。

だが、初心者のうちはストレートを投げる事に集中しよう。

 

ストレートさえ投げる事が出来れば、一番ピンに当たる確率は高くなる。

繰り返すが、投球の時に、一番ピンと手のひらを平行にする事。

 

それを強く意識する事が、ボウリングのコツの一つだ。

ボウリング

Free-Photos / Pixabay

スポンサーリンク

初心者でもスペアをとろう

一投目で一番ピンに当てる事が出来ても、二投目が明後日の方向では、恥ずかしい思いをするだろう。

 

初心者であっても、一ゲームに一回はスペアを取りたいところだろう。

スペアをとるコツは、一番ピンを狙うときと同じくストレートに投げる事だ。

その時に残ったピンの中で、狙うピンを一番ピンだと考えて投げよう。

 

そして、投球の時には、そのピンの正面から投げる事がとても大事だ。

 

また、左右どちらかのピンが一本残った場合など、ストレートを投げるのが難しいケースでは、そのピンに対して対角線上の位置から投球しよう。

 

そして、後はストレートボールを投げるだけだ。

 

ボウリングはとても楽しいスポーツだ。

 

友達や、会社の仲間とプレーするならストライクやスペアが出たときは、思い切りハイタッチして盛り上がろう。

 

宴会などでボウリングをするなら、差がつかないように、あらかじめスコアを聞いておき、ハンデをつける事をおすすめする。

チーム戦にして、スコアが均一になるチームを組むのも面白い。

 

気軽に、楽しめるボウリングを多くの人にプレーしてほしいと思う。

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝します。

 

この記事をご覧の方は、こちらも多く読まれております。

【パークゴルフ】気軽にプレーできるその魅力とは?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.