40代のオッサンのブログ

少年野球 バッティング上達法 ヒットを打つための具体的な方法とは?

2019/08/18
 
少年野球
この記事を書いている人 - WRITER -

僕の次男は少年野球に入団していた。

僕は少年野球や朝野球の経験はあったが、たいした知識もなかった。

だが、自分なりに勉強して、次男を指導した。

 

その結果、北海道代表に選ばれるまでになった。

もちろん、本人の努力が一番大きい。

 

だが、一緒に練習した中で成果があったと思われるものもある。

その時に、指導した内容をまとめてみた。

 

参考にしてもらえると幸いに思う。

スポンサーリンク

素振りについて

ピッチャーが投げる姿をイメージする

バッティングの練習と言えば、誰もが素振りをイメージするだろう。ただ当然のことながら、ガムシャラにバットをふるだけでは効果がない。

 

常に相手の投手とその投球をイメージして振る事が大事だ。

 

よく少年野球の試合で、素振りの時と全く違った打ち方をしているのを目にする。

これでは素振りの効果は半減してしまう。

 

素振りの時はバットを振る事に集中しボールを見る動作をおろそかにしている選手が多い。

どんなに良いスイングができても、ボールをしっかり見る動作が欠けていれば絶対に打つことはできない。

もちろん、バッティングの上達にも繋がらない。

 

素振りの練習では、実際にピッチャーから投げられたボールをイメージしよう。

 

それが出来なければ、何回素振りをしてもあまり意味がない。

なぜなら素振りは、試合でヒットを打つ為の練習だからだ。

 

【ピッチャーの投げるボールを想像する事】がバッティングが上達する大事なポイントだ。

 

野球 バッター

mohamed_hassan / Pixabay

少年野球 ピッチャーになる為に必要な3つの事

コースを打つ練習を取り入れる

素振りをする時に皆さんはどのコースをイメージしてスイングしているだろうか?

全く考えていなく人・・・・外角、内角をイメージしている人。様々だろう。

もちろん、コースをイメージしていなくても、スイングする事で一定の練習効果はある。

 

ただせっかく、素振りをするのなら、全てのコースを、まんべんなく練習しよう。

なぜなら、試合では当然色々なコースにピッチャーは投げてくるからだ。

 

そして、ど真ん中のボールの素振りを練習しても、他のコースには対応できないだろう。

一人でコースをイメージして素振りをするのはなかなか難しい。

手伝ってくれる人がいる時は、長い棒で、コースを指してもらい、そこをスイングしてみよう。

この練習は、コース打ちの素振りにはとても有効だ。

コース打ちの素振りを練習するとヒットを量産できるようになっているだろう。

 

【少年野球】打率が上がるバッティングフォームとは?

スポンサーリンク

しっかりミートするバッティングとは?

足を大きく上げない

少年野球では足を上げて、全く上げ強い打球を打ちたい選手が多いだろう。。

だが、その気持ちを抑えて、すり足でスイングしよう。

 

理想は体を平行移動する様に右バッターであれば、左足を移動する。

 

これが最もヒットが生まれやすい形だと思う。

理由は3つある。

  • 目線のブレが少ない。
  • 体を支える右足(右バッターの場合)の負担が軽くなる。
  • 初動から、バットを振りまでの時間が短くなる。

以上の点だ

 

バッテティングは、目線がブレるとスイングする位置もズレやすくなる。

スイングする位置がズレると、ヒットを打つ事が難しいのだ。

 

そして、足を上げるフォームは軸足に大きく負担がかかり、支える事が難しくなる。

もちろん、身体を支える足がしっかりしている選手で、足を大きく上げた方が強い打球を打つことは出来る。

ただそれが出来る小学生はほとんどいないだろう。

だから、足をあまり上げずに打つ事をおススメする。

そうすれば、以前よりヒットを打つ確率が高くなるはずだ。

 

ホームランを打つには難しい打ち方かもしれないが、まずはしっかりとミートする、これが大事だ。

 

少年野球、良い掛け声、悪い掛け声

初球から打て

少年野球を観戦していると、初球を簡単に見逃す姿をよく目にする。

 

場合によっては、ベンチからサインが出ている時もあるのだろう。

また、一塁にランナーがいるときには盗塁との絡みがあるのかもしれない。

 

もしそうしたケースなら、初球のストライクからスイングするべきである。

 

これは、データからもハッキリしている。

 

初球から打つ場合とツーストライクから打つ場合、どちらが打率が良いか興味がある人は調べてもらえればハッキリわかると思う。

 

一番最悪なのが、初球を見逃し、二球目をファール、三球目をボールくさい球に手を出して三

振というパターンである。

 

バッターはツーストライクになると、追い込まれた心境になり、ボール気味の球でも手を出してしまう。

 

プロの選手でさえも、でツーストライクと追い込まれると、高めのボール球などに手が出てしまうのだ。

もしツーストライクからでなく、初球にあの高めのボール球を投げたらどうなるか?

 

多くの場合平然と見送る事が出来るだろう。

 

初球から打つことで、追い込まれる確率は低くなる。

 

もちろん、苦手なコースや厳しいコースなら打つのを止めればいい。

大事なのは初球から打つという心がまえだ。

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

こちらを読んでいただいた方は、この記事も多く読まれております。

【少年野球】バッティングセンターで上達する為に! 注意すべき6つの事!

 

<今、おススメのアプリです>

 

戦国炎舞 -KIZNA- 【人気の本格戦国RPG】

戦国炎舞 -KIZNA- 【人気の本格戦国RPG】
 開発元:Sumzap Inc.
無料
posted withアプリーチ
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.