40代のおやじのブログ

MVP男 読売ジャイアンツ 丸選手はなぜファーボールが多いのか?

2019/07/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

2017シーズン、2018シーズンと連続してMVPを獲得した丸選手。

そのバッティング技術もさることながら、守備も一流である。

さらに、丸選手はファーボールが多い。

ファーボールが多いという事は、当然出塁率も高くなる。

 

その数は、2014.2015.2018シーズンで四球王を獲得している。

2018シーズンに至っては129個を獲得しており、

1 王貞治(巨人)158個 1974年
2 王貞治(巨人)142個 1966年
3 王貞治(巨人)138個 1965年
4 王貞治(巨人)130個 1967年
5 丸佳浩(広島)129個 2018年

上記の様に歴代5位の記録をマークしている。

では何故丸選手はファーボールが多いのか?

その理由をまとめてみた。

スポンサーリンク

丸選手には苦手なコースがない

丸選手には、苦手なコースがない。

つまり、全てのコースを打つ事が出来るのだ。

だから、ピッチャーは際どいコースを狙って投げる必要が出てくるのだ。

その結果、ボール球が増え、ファーボールの数も多くなるという訳だ。

 

また、丸選手はレフト方向にもホームランを打つ事が出来る。

だから、ホームランを打たれたくない場面でもアウトコースにだけ投げる訳にはいかないのだ。

バッテリーにとって、とても神経を使う打者だと言う事が言えるだろう。

2019 読売ジャイアンツ 坂本勇人 覚醒の秘密とは?

スポンサーリンク

丸選手は選球眼がいい

丸選手はファーボールが多いだけあって選球眼がいい。

つまりボール球に手を出す確率が少ないのである。

特に、高めのボール球を振っている姿を、あまり見た事がない。

相手のピッチャーが際どいボールを投げてきても、ボールであれば見逃してしまうのだから、ファーボールは多くなる。

また、丸選手のスイングを見ていて感じる事は、打ちにいってもボール球だとスイングが止まる事だ。

これは、選球眼の良さもさることながら、余裕を持ってバッティングしているからだろう。

巨人 菅野投手・・日本一のピッチャーと言われる理由とは?

丸選手のバッティングフォーム

丸選手は少し、ベースから離れ、大きく開いた形でバッティングを行っている。

このバッティングフォームだと、外角が打てない様に感じる。

だが、外角のボールは思い切り踏み込んでスイングするのだ。

 

そして、内角に関しては打ちやすい構えなので、ピッチャーとしては投げずらい所だ。

また、丸選手はホームランバッターではなく、中距離バッターである。

だから、ほとんどのケースの場合、大振りはしない。

つまり、空振りの確率が低くなるのである。

野球

原巨人はなぜ強いのか?誰もが真似できない3つの事とは?

ファーボールが多い理由のまとめ

選球眼が良く、苦手なコースもない丸選手。

バッテリーが神経をすり減らし、ファーボールを出してしまう理由もわかる。

だが、その陰には誰よりも相手のピッチャーの研究をしているように思う。

 

✔最後まで読んで読んでいただき心より感謝いたします。

 

こちらを読まれた方は、この記事もご覧になっております。

巨人 小林捕手 打撃開眼なるか?原監督の指導を受けて!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.