40代のオッサンのブログ

【受験生】親から子供へ贈る言葉!少しでも後悔させないために

 
この記事を書いている人 - WRITER -

受験シーズンになると、受験生をもつ親は大変なものです。

 

しっかり子供が勉強してくれれば、まだ良いでしょう。

 

なかには、全く勉強しない受験生もいると思います。

 

そんな時、子供にどんな言葉を掛ければ良いのか親としては悩むところです。

 

ここでは、勉強しない受験生に贈る言葉をまとめてみました。

スポンサーリンク

受験生にあえて「勉強しろ」と言おう

子供に勉強をさせる為には、「勉強しろ」と言わない方が良いと言われています。

 

たしかに、その通りでしょう。

 

年頃の受験生なら、親から指示されるのは面白くないでしょうから。

 

ですが「勉強しろ」と言わなければ、自主的に勉強するかというと、そうではありません。

 

もしするのであれば、最初から勉強しているはずです。

 

そこで、言い方を少し変えて、「勉強頑張ってね」と声をかけてみましょう。

 

この方法は、案外効果的です。

 

是非、試してみてほしいと思います。

 

注意する点としては、週に一度くらいのペースで声を掛けると良いです。

 

なぜならあまりに頻繁だと、強制しているように受け取られるからです。

中学生 すぐに覚えられる暗記法! 苦手を克服するためのおススメ!

スポンサーリンク

受験生の成績よりも努力を見てあげよう

親であれば、受験生である子供の成績が良くなければ、努力が足りないと思ってしまうものです。

 

ですが、実際は受験生の勉強時間に、成績は比例しません。

 

もちろん、より多くの時間勉強に費やして、点数が下がる事は無いでしょう。

 

しかし他の受験生と比較した場合、多く勉強した方が成績が良いとは限りません。

 

それは、勉強のコツを掴んでいる受験生が、効率的に成績を上げる事ができるからです。

 

もちろん、自分の子供が勉強のコツを掴み、努力が最大限に結果に反映されれば一番嬉しい事でしょう。

 

ですが、そうでない場合の方もあります。

 

ですから成績よりも、子供の頑張りを褒めてあげてほしいと思います。

 

それが受験生が、また頑張れる力の源になるでしょう。

中学生 授業を何倍も理解する!かんたんな予習の方法とは?

スポンサーリンク

受験生と一緒に頑張ろう

受験生は孤独なものです。

 

不安を抱えている人も多いでしょう。

 

ですから、親が受験生に【一緒に頑張っている姿】を見せる事が大切です。

 

例えば、成績が少しでも上がったら、自分の事の様に喜んだり、逆に下がってしまったら悔しがる。

 

そういった姿を見せる事が出来れば、受験生は頼もしく感じるはずです。

 

受験は、子供が一番最初に味わう試練かも知れません。

 

その場面で親が少しでも背中を押すことが出来れば、素晴らしい事だと思います。

【地理の勉強方法】中学生の頭に入る凄い覚え方!!

スポンサーリンク

受験生へ贈る言葉のまとめ

親から受験生へ掛けてあげる言葉は、そう多くは必要ないのかもしれません。

 

ですが、子供は親の言葉には敏感に反応するものです。

 

そして、言葉の内容よりも、親の態度を見ています。

 

ですから、仕事や家事で忙しくても、出来るだけ親身に受験生の事を考える事が大切でしょう。

 

それが出来れば、自ずと良い結果が出る様な気がします。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.