40代のオッサンのブログ

仕事 上司の評価を決める、部下への接し方とは? 

2019/08/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

あなたは部下にどんな接し方をしていますか?

 

社会人になると、まず始めは、仕事を教えてもらう事が多いだろう。

そして仕事に慣れてくると今度は教える立場になる。

また、自分が上の立場になれば、部下に対しての教育も必要になる。

部下の時の気持ちを忘れずに上司になれば、おそらく上手く指導できるだろう。

だが、多くの人が上司になった途端にに、部下だった時の気持ちを忘れてしまうのだ。

 

社会人になったばかりの時は、上司に不満ばかり抱いていただろう。

居酒屋でグチを言い合った事もあると思う。

 

だが、実際に上司の立場になると、あつかう仕事や責任も全く変わってくるのだ。

また、自分だけでなく部下の事も考える必要が出てくる。

確実に仕事の範囲は広がるのだ。

だから、十分に気を付けなければ、「部下の時の気持ち」は二の次になってしまうのだ。

そうならない為には、時々【部下だった時の気持ち】を思い出す必要がある。

それが出来れば、部下にしっかりと物事を伝えたり、教えたりする事が出来るだろう。

そうなれば、上司としての評価もあがるものなのだ。

 

ここでは、上司が部下への接し方として悪い例を2つあげてみた。

スポンサーリンク

分からない所を確認すると怒る上司

「わからない事があれば聞いてくれよ」・・大抵の上司は仕事の指示をする時、こう言うだろう。

だが、実際に分からない部分を聞きに行くと、不機嫌そうに答える上司がいる。

このタイプは、教える事の出来ない上司だろう。

 

上司が不機嫌なのは「こんな事もわかならないのか?」と思っているからである。

だが、「こんな事」というレベルが上司と部下では違うのである。

それは、20年30年社会人を続けている人と、まだ社会人になって数年の人では当たり前の事だろう。

 

また、上司の指示がしっかりと伝わっていない場合も多い。

その場合は上司の責任だろう。

このタイプの人間は自分が話した内容が100%相手に伝わっていると思っている。

だが、実際は相手に何かを伝える事は、とても難しいものだ。

【伝わらない事の方が多い】そう思っておいた方がいいだろう。

 

そして、この様な対応を上司に取られると、部下は聞きづらくなるものだ。

そうなると、部下が進めた仕事は、上司が意図していたものと違うものになってしまう。

そして上司がまた怒り出す。

まさしく、負の連鎖である。

これではスムーズに仕事が進むはずもない。

上司の評価も下がる一方だろう。

 

だから、部下への接し方はとても重要なのだ。

そして、それを決めるのは全て上司の態度である。

【仕事】課長の役割とは?その仕事が会社を大きく左右する・・・・

仕事

スポンサーリンク

自分の非を認められない上司

なぜ上司は、部下に指示する事が出来き、給料が部下よりも高いのだろう?

それは、個人的な仕事の能力もあるが、部下が失敗をした時に責任をとる必要があるからだ。

だから、日頃の業務の中で、部下に指示する権限を与えられている。

だが、上司と言ってもミスを犯すことはある。

それ自体は全く問題ないだろう。

問題なのは、そのミスを上司が認めるかどうかだ。

 

繰り返すが言葉を伝えるのは本当に難しい。

上司が十分に説明しないと、部下にしっかり伝わらない事が往々にしてある。

そして、大事なのは上司が何を言ったのかではなく、部下がどう受け止めたかである。

自分がしっかり説明した気になっていても、部下に届いていなければ意味がないのだ。

だから、一度指示しても途中で、仕事の進捗を確認する必要がある。

 

また、指示は同じ内容でも【誰が言ったか?】で大きく変わる場合も多い。

例えば、あなたは嫌いな上司から指示を受けたら、その内容を真剣に聞くだろうか?

もちろん、仕事なので聞かなければならないが、「仕方なく聞く」という感じになるだろう。

逆にお世話になっている上司からの指示は、「真剣に聞く」だろう。

これは、多くの人が同じだと思う。

 

仕事では、建前上は「好き・嫌いがあってはならない」

おそらくそれは、正論であろう。

だが、実際には好き嫌いがあって当然だ。

そして、その差を生み出しているのは、上司の部下への接し方なのである。

まとめ

上司は、部下の悪い所を指摘する役割もある。

だから、嫌われやすい立場かもしれない。

だが、しっかりと【部下の立場】になって接する事が出来れば、その想いは届くものである。

そして部下に想いが伝われば、仕事はスムーズに進むはずである。

そして上司の評価も上がるだろう。

逆に自分の事ばかり考えている上司は、部下からすぐに見透かされてしまうだろう。

仕事を円滑に進めるうえで、部下への接し方はとても大切な事だと思う。

 

 

✔最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

この記事をご覧の方は、こちらも多く読まれております。

部下にホウレンソウをもらう為に!上司が気を付けるべき3つの事とは?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2018 All Rights Reserved.