40代のオッサンのブログ

【筒香嘉智】成績よりも素晴らしい野球に対する考え方とは?

2019/09/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

日本の4番は誰か?

 

そう聞かれて、誰を思い浮かべるだろう?

何人かの候補がいるが、DeNaの筒香嘉智もその中の一人だろう。

筒香選手はプロ野球界において、トップクラスの長距離打者だ(2019.8.16)

侍ジャパンでも何度も4番を務めてきた。

 

その筒香選手の魅力は野球の実力だけではない。

野球に対する考え方も素晴らしいのだ。

ここでは、その点についてまとめてみた。

スポンサーリンク

高校野球は勝利が全てではない

筒香選手は、記者会見で甲子園を中心とした【勝利至上主義】の在り方に疑問を投げかけている。(2019.1.25

その一番の理由は、選手のケガをする確率があまりにも高いからだ。

筒香選手は、「甲子園は部活動の場」と発言している。

当たり前の話ではある。

だが、甲子園に出場すると全ての試合が全国放送され、活躍すると全国に名前が響き渡る。

だから【部活動とはかけ離れた場所】というイメージを受けるのも確かだ。

 

高校生が「甲子園に出場して活躍したい」こう夢を持つのは悪い事ではない。

だが、その事だけに全ての力を捧げるのが正解なのだろうか?

他の事を犠牲にしても良いのだろうか?

この点に踏み込んだ、筒香選手の野球に対する考え方は素晴らしいと感じる。

2019 読売ジャイアンツ 坂本勇人 覚醒の秘密とは?

野球

スポンサーリンク

少年野球のお茶当番

少年野球では、お茶当番という係がある。

これは、選手の母親が交代でお茶を用意し、練習に付きそうものだ。

時には、怪我をした選手の手当ても行う。

息子のチームでもお茶当番があったが、とても大変なものだった。

 

今は共稼ぎの家庭が当たり前の時代である。

休日に、買い物や雑用の予定を入れる場合もあるだろう。

それが、【お茶当番】になると一切出来なくなるのである。

いくら子供の為とはいえ、厳しいものがある。

 

このお茶当番についても、筒香選手は行動をおこしている。

筒香選手がスーパーバイザーを務める堺ボーイズで、お茶当番に対する不満を聞き、廃止を決めたのだ。

筒香選手は、【勝利至上主義】ではなく、野球を楽しめる環境を作ろうとしているのだ。

【バドミントン 桃田選手】世界ランキング1位より価値のある人間性とは?

筒香選手の人間性・まとめ

筒香選手は

  • 甲子園の在り方
  • 少年野球の親の負担

以上の2点を通じて、野球を楽しめる環境を作る事を目指している。

極端に言えば、少年野球で親が全面的に協力し、甲子園で大活躍しても選手の人間性が育っていなければ、あまり意味は無いだろう。

反対に、甲子園に出場出来なくても、野球を通じて心身共に成長出来れば素晴らしい事だろう。

 

最後まで読んでいただき、心より感謝いたします。

 

この記事をご覧の方は、こちらの記事も多く読まれております。

手伝いが大変!! それでも少年野球に子供を入れるべきか?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あっきーのプラグマティク・ブログ , 2019 All Rights Reserved.